2006.9.3 in ゼフィール

先日の練習ノートから。

練習場に向かう電車の中でイメトレ。
コンペに向けて受けるレッスンのため?の練習。はてはて・・・
とりあえず、スタンダードは踊り込んで、ラテンはルーティンを覚えて、レッスンに臨もう!

スロー
 ・&で乗って、脚をゆっくり出す
 ・ローティーションをしっかりと
クイック
 ・フレームを崩さず、落ち着いて踊る
チャチャ
 ・スプリットキューバンブレイクをどうするか?
 ・ナチュラルトップのネック
パソ
 ・とりあえず、踊り込んで覚える
ついでに、他の種目も踊り込みながら、忘れないようにしよう!
メインはパソ。これで、練習場を変えました。

10:30に与野本町の駅で待ち合わせて、練習場に。
誰もいない・・・入会手続きを済ませて、着替えて、アップ。

貸し切り状態だったので、パソをかけ続けて貰いながら練習開始。
まず、ルーティンの確認
 ・♀の足形があやふやなのがシャッセケープとフォーラウェイリバースピボット&テレマーク
お店のスタッフの方にテクニックブック無いかって訊いたけど、やっぱり無かった・・・スタジオじゃないので、まあしょうがないよね。
 ・忘れやすいのが、レフトフットバリエーション、クードピックの入り
 ・アームが固くて繋がりが悪いのが、ザ・ツイスト、1stハイライトの後のアンダーアームターン、クードピック
P「アームが固くなったらhiroさんの左手を握って教えて下さい。」
やった後で
P「今握らなかったけど、上手くいったのかしら?」
h「何度も握ったけど、気づかなかった?」
P「・・・」
h(多分無意識に力が入りすぎているんだろうね。)
 ・Pさんがやりづらいのはシャッセケープでロックした後のシェイプ
  シェイプしたままロックしていたので、ロックの後の&カウントでシェイプするようにお願いしたけど、音の早さに付いていけず・・・>これも、レッスンで直して貰おう!
12時過ぎまで繰り返しているうちに、ルーティンは何とかなりそう。
後は、レッスンだぁ~

引き続き、チャチャのベーシック
スプリットキューバンブレイクを2回繰り返してみると・・・やっぱり止める。
P「だったらナチュラルトップも1回で・・・」
どちらも苦手なようで、練習を繰り返しているうちに上手くなるのは分かっているけど・・・合計小節数が・・・時間が惜しいので、28小節のまま続けることにしました。
今年昇級できなかったら、ルーティンを微調整してスプリットキューバンブレイクも入れて32小節にしたいと思います。

ナチュラルトップのネックは・・・お互いに要練習。
僕も意識しすぎるとロボットみたいになってしまう。
足間違えたり、アームのテンション無くなったり、挙げ句の果てには自分で自分の足を蹴っちゃって・・・
散々でした。

大休止を挟んでスタンダード。
スローから。
Pさんが一人でやってスムーズに出来ないのが、後退のswing
2ndQから初めて、ウェイトの乗っているサイドのアームを前から後に!
1S アームは一番下からライズ開始
2Q 1番上まで上がって
3Q ウェイトが2の足を越えたところで着地して次のswing準備

 ・全体的に男性の前進を待てない感じ・・・スリーステップで顕著に!
 僕の左足を前に出そうとすると、右足を固めてしまい、左足が出せない・・・
 ・やっていて首が痛くなるのは・・・頭の置き場所がずれているせいかな?

クイック
 比較的安定しているような気がする。

ワルツ
コンペの時出来なかったスピンターンが結構良い感じ。
レフトホィスクとコントラチェックは・・・NG

タンゴ
まあまあ

休憩の後、ラテンのバリエーションモード
ルンバ
 ・まあまあ
チャチャ
 ・後半踊り込み不足
サンバ
 ・だんだん慣れてきた感じ

当初の目的だったパソは火曜のレッスンを受けられる段階に達した気がする。
チャチャは・・・来週レッスンを取れたら見てもらおう!

スタンダードは・・・明日のレッスンが楽しみ!
って、今日受けてきたんですが・・・それは、また後日アップします。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-09-04 23:33 | 練習
<< 2006.9.4 スロー編 2006.8.31 in 富士学院 >>