2006.8.27 in 北本市体育センター

昨日の競技会ノートから。
JDSFのラテンC級戦とスタンダードD級戦にエントリーしてきました。

Pさんとカップルを組んで3ヶ月。待望のデビュー戦です。僕にとっても今年初めての競技会、けど背筋が・・・
不安を抱えながらのエントリーですが、踊っている最中に棄権することだけは無いようにしたいものです。

Pさんが焦らないように早めに集合して会場に向かいました。会場20分前位かな?
たまに僕のブログに遊びに来てくれるミニラさんからメールをいただきました。
ゼッケンが1番違いなので、ずーっと同じヒートかも?とのこと。2年前の台東区大会以来だなぁ。

到着した時は結構人が並んでいました。ゼッケン番号だけは外に張り出していたのですかさずチェック。
ラテンC級戦は40組、スタンダードD級戦は200組位かなぁ?

会場後直ぐに場所取り。初めての会場だったけどスペースが一杯有って余裕でした。
自販機も一杯有るし、感じの良いところでした。又来たいなぁ。

受付を済ませてスケジュールの確認。
午前中ラテンから。会場は2フロア同時進行で、C級ラテンは予選が2次までで、一番始め。40組3ヒートの24組up。
肩の力を抜いて、練習どおりの踊りをフロアで楽しみたいものです。

結構最初の準備に手間取ってしまい、開会式も長引いて?ろくに練習しないで予選を迎えました。
よくあるウッドパネル?ではなく、アクリルみたいな薄いボード?を敷き詰めていました。
今年初エントリーのhiroは初めて見ました。よそでも使っているのかな?
競技用フロアの隣に練習用フロアがあって、同じボードを敷いてあったので、ちょっとだけ合わせてみたところ・・・滑るかも?

1次予選。36組中24組up。3ヒート中3ヒート目。
サンバ
前のヒートが踊っているので、フロアの縁まで出ようとしたら
P「ここで良いわよー」
h「もう始まっているの。音をよく聞いて、堂々と立って待つんだよ。」
ここでもたもたして、フロアに入った時には外側全部ふさがっていたので、内側からスタートしました。
途中で空いたスペースが出来たので、そこから外側に出て踊りきりました。
一杯ぶつかったなぁ・・・

チャチャ
キューバンブレイクの後Pさん、急に止まってしまう。
ボディで1小節リズムを刻んで、次に繋げた。
この後、Pさんのネックが下がっているので、「2階を見て!」って言った後はOK!
クロスベーシックのスパイラルは回転不足だったけど・・・臨機応変にそのまま踊り続ける。

ルンバ
スパイラルクロス(18-4)の後、カウント1で形を作ってから、ネックを右(2)、左(3)、下(4)、正面を向いて下がる(1)ところで、スパイラルクロスからそのまま流れて1拍早く下に下りたPさんを受け止められず、崩れてしまう。

終わってから
P「あそこで支えてくれなかったけど・・・」
h「その前が流れて・・・練習でも必ずoneって、言っていたでしょ!」
P「あれって、そう言う意味だったの?・・・あーもし、零点だったらどうしよう!・・・私ダンス止めるかも?」
h「けど、良かったよ。緊張して何やり始めるか分からないって言ってたから、どこまで忘れるかと思ったけど、チャチャの最初だけだったね。」
P「一回踊ったら落ち着いたわ。けど・・・まだ心臓バクバクしているわ。」

今の内に撮っておかないと、次は無いかもしれないし・・・って思って、同じヒートで踊り終わったばかりのコピラ&ミニラ組を誘って一緒に記念撮影しました。

結果
37組中24組up。仕切り点9点。
S ○○○×○ C ○○×○○ R ○○○×○ 計12点。7位(同点8組)
h「やったー!通過したよ。」
P「アー元気出てきた!」
h(げんきんだなぁ・・・)
何はともあれ目標だった維持の1/2は出来たので、後は肩の力を抜いて、練習どおりの踊りを出して楽しまなくちゃ!

2次予選。24組中12組up。2ヒート中2ヒート目。
サンバ
フロアの縁に立つと
P「又緊張してきたわ」
h「さっき踊ったら緊張が解けたって言ってなかったっけ?」
P「ここに立つと緊張するみたい。」
h「直ぐ出られるところで音をよく聞いて!」
フロアに立って、音楽が流れてスピンしようとしたら、Pさん小声で何か言っている???
出るタイミングがずれて・・・今更何言ったって、始まっちゃった以上は・・・2小節遅らせてそのままスタート。
クリスクロス(7-1)から離れて踊るところでPさん、他の組に囲まれて立ち往生。
h「ウォーク&ロック!」って言って、そのまま続けて踊ると、Pさん、付いてきたので一安心。
13-4からほぼその場で18拍踊っていると、正面に大会委員長が座っている。
目が合ったので笑顔で大サービスしたら、喜んで拍手してくれた。

チャチャ&ルンバ
h「さっき踊る前に何て言ったの?」
P「何の種目か分からなくなって・・・」
h「(だからよく見て音楽効いて・・・)次はチャチャ、そのまま続いてルンバだよ。」
P「はい。」
とりあえず、間違えずに踊れた。
今までPさんのサポートに神経が行って、自分の踊りにはほど遠かったので、これで一安心。
次があったら、ボディとアームとフットワークに気を付けて踊ろう!

結果
24組中13組up。仕切り点7点。
S ×○××○ C ×××○○ R ××××○ 計5点。18位(同点4組)。だめだ~

お互い決して良いとは言えないコンディションの中、練習でやれたことはほぼやれたかなぁ?
緊張して何やり始めるか分からないって言っていたPさんも、予想を裏切る良い踊り。
P「そう~。でも、私はもっと踊れると思っていたわ。」
h「けど、目標の維持1/2も出来たし。」
P「ああ!そうよねー!・・・そう言えば、首の痛いの直ったわ。」
h「精神的なものだったのかもね。けど、逆に今麻痺しているだけで明日痛くなるかもしれないから気を付けて。」
P「はい。」
気持ちをスタンダードモードに切り替えて、食事&着替え

時間は結構あったので、練習用フロアで合わせてる。
混雑していて大きくは踊れないけど、ホールドとバランスは確認出来ました。
P「タンゴはチェイスも入れるんですか?」
h「当たり前でしょ!今まで練習してきたんだから。」
P「だけど練習回数も少ないし、上手く行かなかったら・・・」
h「練習どおりに踊って、出来なかったら、次に出来るように踊ろう!」

1次予選。146組中91組up。12ヒート中1ヒート目。
ワルツ
いつもと違って最初のナチュラルターンでチェックが入る手応え無し!!!
けど、Pさんはシャッセでブレーキもかからず良い感じ。

タンゴ
何回かぶつかったなぁ。一度だけバックコルテ閉じたところで後から激しく当たられれてよろけてしまった。
けど、まあいい感じで踊れました。

踊る前にコピラ&ミニラ組を誘っておいて、終わって直ぐに又撮影。
h「決勝進出おめでとう」
コ「けど、8位だよ(決勝の最下位)。」
h「別に良いじゃない。手ぶらで変えるのと賞状貰うんじゃ全然違うよ。」
コ「どうせならトロフィーが・・・」
h「贅沢言ってるね。縁起を担いでここで撮影しておくと、ラテンみたいにコピラさん達決勝進出かもよ。僕らも1次予選突破出来るかもしれないし・・・」
なんて楽しい一時でした。
h「ラテンに比べて落ち着いてきたかな?良かったよ。」
P「けどナチュラルスピンターンで踏み込めなかったから・・・」
h「冷静だねぇ~次があったら気を付けよう!」
長目の休憩だったので、お昼寝少々。

結果
146組中91組up。仕切り点6点。
W ○○○○○ T ○×○×○ 計8点。25位(同点20組)。
h「やったー!通ったよ。」
P「けど、タンゴの点が低いから・・・」
h(何贅沢言ってるの?)

チェックの低いタンゴを少しだけ練習。

2次予選。91組中49組up。7ヒート中1ヒート目。
ワルツ
ちょっと重いかなぁ?・・・だんだん贅沢なことを思い始めるhiro
ただコンペの最中に技術的なことは言いたくないので、黙っておく。

タンゴ
またまたバックコルテ閉じたところで激しくぶつかられて崩れてしまった。

ここで、残りたいなぁ。

結果
91組中48組up。仕切り点6点。
W ○○○○○ T ○×○×○ 計8点。5位(同点7組)。

h「おおっ!通ったよ。(これはいけるかも?)」
P「私、もう良いわ~」
h(勝手に決めるなよ!)

3次予選。48組中24組up。4ヒート中1ヒート目。
ワルツ
良い感じ。練習に近いイメージで踊れた。
たまに二人のボディがぶつかるのでswingの微調整が必要なんだけど・・・いいや!
踊っている最中ウィーブの終わりにPPになったところで、右肩胛骨付近を手で押されたので、しっかり受け止めたところ、後で崩れる雰囲気・・・ざまあみろ!って思った。
他の組を押してどけるんじゃなくて、リーダーに伝えて避ける練習して欲しいものです。

タンゴ
練習どおり。ウォーク(特に2歩目)でぶつかるんだけど、それも含めて普段どおり。
Pさんの合図で他の組とぶつかることなく、スムーズに動けました。

ここで、落ちても悔いはありませんでした。けど、次への手応えを感じたので残りたいなぁ。
h「今は良かったね。練習どおりの踊りだったよ。」
P「こんなに残れて悔いはないわ。けど・・・PPの形が弘子先生に習ったのと違うから・・・」
h「(それを悔いって言うんじゃないかなぁ?)じゃあ、もう一回踊れたらPPの形を作れるように・・・
けど、左側がつぶれているから、ストレッチしないと形出来ないよ。」
P「はい。」

結果
48組中31組up。仕切り点5点。
W ○×○×○ T ××○×○ 計5点。ギリギリだー

ここが勝負!

4次予選。31組中12組up。3ヒート中1ヒート目。
ワルツ
swingが気持ちよくない。

タンゴ
課題のPPは・・・???

結果
31組中12組up。仕切り点5点。
W ×○○×○ T ××○×× 計4点。駄目だー

15位(同点6組)で終わりました。あと1チェック・・・これが今の僕たちの現実だと思います。
それでも、二人でコンディション上げて練習いっぱいしたら今年中に昇級出来るかも?
駄目でも来年があるさ!

P「私踊っていて思ったけど、他の組って私たちと違って何か難しいことしていて・・・」
h「そんな余裕有ったの?・・・弘子先生もベーシックだけって素晴らしいって言ってたじゃない。始めにルーティン作る時、ワルツだとレフトホィスクとコントラチェック入れようかって言ったら、嫌だって言ったから・・・」
P「嫌だってそんな・・・やったこと無いから・・・」
h「やったことはあるって言っていたよ。」
P「習ったことはあるけど、先生に踊らせて貰っていたから、自分で踊ったことはないのよ。・・・」

なにはともあれ、緊張で固まってしまい踊れなくなるって言うから来年に向けて場数を増やして経験値を上げれば練習どおりに踊れるようになるかなと思って臨んだコンペでしたが、Pさんのがんばりは予想以上で、ラテンもスタンダードも維持1/2まで出来ちゃいました。

明日に向かって手応えも感じたし、とても充実した一日を過ごすことが出来ました。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-08-28 22:39 | 過去の競技会
<< 写真 とうとう僕も・・・ >>