2006.7.27 サンバ編

先日のレッスンノートから。
振り付けをしっかり覚えるからって空約束してよさこいの練習を休んでスタジオに向かう。
電車の中でイメトレ。今日はサンバ。
 ・床と踝を擦るフットワーク
 ・高く立ってしっかりボディを持ち上げる
 ・歩幅を狭くして音をクリアに

駅そばに引っ越したばかりの新しいスタジオ。
場所が不安だったので早めに向かったところ、1時間以上前にスタジオ入り。
オープンしたての為かフロアはとても混んでいる。

アップしてシャドー。どうも最初のスピンでぶれる。・・・回転系は苦手です。
そのうちPさんもスタジオ入り。
狭いフロアを縫うようにしてルーティンの確認。何だか二人の位置関係がおかしいんだけど、修復出来ず?
休憩してムービーをセットしてレッスン開始。

h「今日はサンバをお願いします。」
コ「曲掛けましょうか?」
P「えー曲掛けるの?」
h「ゆっくりお願いします。」
コ「じゃあ、カウントでゆっくり踊って見せて。」

最初のスピンで崩れてやり直し。又々スピンで崩れたけど、そのまま続けて・・・2周目のピボットで空中分解。
コ「まず・・・」
 ・ルーティンが所々曖昧なので覚える
 ・♂最初のスピンは左足を床に刺すようにしてしっかり止める
   下半身正面、上半身右を向けて、左アーム前、右アーム横にストレッチ
 ・今まで1でそのままスピンしていたが、低く回ってから、上にストレッチ
コ「この時Pさんは・・・(忘れた・・・というか覚える余裕無し)」
コ「次に・・・」
 ・♂&♀キューバンブレイク風のチェック(1-5)は、一旦しっかり加重してからヒップを使う(表現は違った)
 ・♂スリーステップ風の前進(1-7)は、その場でスピンしてから前進に変更
 ・♂&♀プロムナードランズ(2-1)は、一旦プロムナードポジションを作ってからLODにストレッチ
  両アームで抱え合って○を作る~○○前!
そのままピボットに続くところでいつも失速するんだけど・・・聞きそびれてしまった。

コ「次にラテンクロス!・・・」
 ・クリスクロスは両膝を横にしっかり付ける(=内股で締める)
 ・オンカウントではろくに進めない
 ・aでは、両トゥ立ちで進める

コ「スリーステップターンは・・・」
 ・チャチャのシャッセと同じ
 ・&カウントで一旦閉じて回る(=開いて、閉じながら回って、開く)

コ「その次(3-7)は・・・」
 ・ニューヨーク風に開く前には、向かい合ってからニューヨークに移る動作が必要
 ・サンバウォーク(4-1)にニューヨーク風のアームを付けているので前足ヒールを床に着ける
 ・ボディはしっかり絞って引き上げ

コ「ボタフォゴは・・・」
 ・中間バランス、膝を曲げすぎて沈まず、高いポジションで踊る
 ・脚を伸ばしたサイドは、ボディを圧縮、アームを前にストレッチ
 ・逆サイドは、アームごと上にストレッチ

コ「ウォーク(&ロック)は・・・」
 ・ボディの切り返し

コ「プラット(プレートって言っていたかも?)は、・・・」
 ・♀はスウィブルしているので前には進まない~前に進める時はターンアウトさせない
  コーチャーは本当に強いので、思わず持って行かれないように力が入ってしまう
  (力を入れると固まるので、普段からトーンを強く立っているだけで良いんだろうなぁ・・・)

コ「バックロックスは・・・」
 ・♂&♀ヒップを一杯動かす
 ・下が激しい時は上は静かな方が見栄えがする
 ・肘を下げず、ホールドを崩さない

最後にありがたいお話
 ・しっかり絞る
 ・ラインを作る~二人で話し合って揃えられるところは揃える
 ・後は・・・忘れた。

二人で復習
h「Pさん、最初の振り付け変わった?」
P「ええ、これ(ヒップを振るの)無くなったけど・・・」
h「で、僕が上にストレッチしている間、何しているの?」
P「何もしていないわ。」
h「・・・」
僕も自分のことで精一杯でPさんの事まで覚えていない。
セットしたムービーを確認したけど・・・肝心なところが人の影で写っていない。
まあいいや!考えてもしょうがないので、目先のコンペはこれで行きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-08-01 23:34 | レッスン・L
<< 2006.7.30 in 富士学院 2006.7.25 in 富士学院 >>