2006.6.19 in 富士学院

昨日の練習ノートから。

23日(金)に職場の先輩の定年退職を送る宴で我がよさこいチームの演舞が有りまして、この日はチームのフォーメーション確認でした。

おかげで普段より30分以上遅れて練習場入りしました。
アップは十分に済んでいるので、着替えて直ぐに練習開始。終わる時間は一緒なので時間を有効に使わないとね。

ワルツから。
♀「ブログをみたけど、私スウェイって逆の動作だと思っていたので・・・」
h「ウェイトは(前進の時、)後の足と前の足の間にあって、だんだん前の足に寄っていくに連れてヒップがはみ出るので・・・」
スウェイを強調して踊る。

♀「リバースターン(の後半)が上手くできなくて・・・」
h「たまに回りきれなくて、微調整しているよね。それは(内回りの)僕の回転量が多すぎるのか、Pさんが真っ直ぐ出ないで回り込んでいるのか、他に原因があるのか・・・」
アンダースローのシャドーでフォームを矯正してから踊ってみると結構良い感じ。
h「回り込んでいたのかもね?しばらくこのまま練習して、次の次のレッスンでみて貰おう!」

踊っていると、リバースターンの前半で僕の前に出てくる事がたまにあるので、「左!」って言うと、
♀「何で右を伸ばしている時に左って言うの?」
h「そうじゃなくて・・・」
コミュニケーションって大事だって思いました。

♀「後ウィーブで・・・」
自分で踊っていて上手く行かないらしい。

h「(指もほとんど治った事だし、)来週はラテンを習いに行って、その後ワルツをみて貰おうか?」
♀「はい!・・・三浦先生って最初のレッスンは基本ばっかりですか?」
h「ウォークで終わるかもね?」
♀「ウォークってどんな風に習っているのですか?」
h「こんな風に・・・」
スタンダードの靴のままラテンバージョンに。
♀「一緒です。脚を出す時に・・・」
 ・両太ももを内側に絞る感じ(表現が難しい)
h「それって、お尻の間に1万円札を挟んで歩きながら落とさないように気を付けながらウォークする感じ?」
♀「(爆)そうです。・・・後ろ足を引き寄せる前に・・・」
 ・サポーティングフットの太ももを持ち上げる(サンバのイメージ)
h「その意識は無いなぁ・・・」
やってみるけど、動かない
♀「体が固いからじゃないですか?」
h「体は確かに堅いんだけど、堅いからなのか、使った事のない筋肉だからなのか?」
(まあ、いいや!レッスンの時に訊こう!)

タンゴ
h「とにかく脚閉じる事だけ気を付けて!」
♀「はい」
踊っていて、いろいろと不満。
 ・足を閉じる時のバランスが今イチ。
 ・今まで脚を閉じないでお互いの脚を深く組んでいたので、閉じたままだとお互いの間隔が離れて腰高になってしまう。
  次の1歩で♀の脚の間に僕の脚を入れて進むと、組み合わさった分だけ低くなるので、閉じる度に高くなって、歩き出す度に低くなってしまい格好悪いんじゃないかと心配になる。
フレームとボディを一体のまま踊ろうとすると、ボディの向きについて敏感になれるような気がする。・・・というか、今までその意識が無さすぎたのかな?

スロー
 ・スリーステップ、リバースターン、チェンジオブダイレクションの踊り込み。
  伝わるような、伝わらないような・・・次のレッスンに期待!
♀「私スリーステップが・・・」
ネックを左にストレッチしたまま
S 右サイドを後退してから、左サイドをswing
Q そのまま左サイドを後退
する動作がうまくいかない(ネックを左にキープ出来ない)?
h「ネックは左にあるので、左足に加重する時は頭を左足の上に乗せて、右足に加重する時は、斜に頭を持ち上げて・・・」
♀「体を固めればいいのね。」
h「ネックが左に有れば、右サイドは折れないので、左サイドに意識を集中して・・・」
♀「そうね。」
h(多分。違ったらゴメンね。)

h「じゃあ、ラテンやろうか?」
♀「えー?」
h「明後日のレッスンに向けてスタンダードだけ集中的にやろうか?」
♀「はい」
スタンダード3種目を曲に合わせて踊って、他の種目がかかっている時は部分練習と休憩

時間は余り無いのに、ペースはいつもと同じ。後から振り返るともっと練習すれば良かったのかと考えてしまう。けど、コミュニケーションを確立する最中なので、良しとしよう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-06-20 22:09 | 練習
<< 2006.6.21 in 山野... 2006.5.18 in 富士学院 >>