2006.5.18 in 富士学院

先日の練習ノートから。

前日、市ヶ谷で同期会があって、二日酔い。練習場に向かう電車の中で1時間寝て臨む。
♀「今日、二日酔いでしょう?」
h「うん。」
♀「顔みれば分かるわ。・・・」
h「・・・」

スタンダードから。
ワルツ
♀「ブログ読んだけど、シャッセの時・・・」
h「それは・・・」
 ・左足を動かして閉じるイメージは捨てる
 ・リバース方向の運動に連携して引き寄せるイメージ
h「・・・けど、言われてない事だから、それよりもスウェイをしっかりと・・・」

♀「右スウェイが難しくて・・・どこで使うのか分からなくなっちゃって・・・」
 ・いつも左サイドを横に伸ばしている
 ・この状態で更に丹田を横にはみ出すイメージが出来ない
h「♀はナチュラルスピンターンの前半左スウェイで、後は交互に・・・」
♀「そうだったわ。でスウェイを付けるのは2だけで良かったのよね?」
h「そう。頭で考えるより、実際にやって・・・」
 ・3で溜めて、後半から前後の運動開始
 ・1で通過して、後半から左右の運動に変えて
 ・2の足に体重を移動しながらだんだんスウェイ
 ・3の足に乗り替えて、スウェイを戻す
アームに余分な力を入れないで、自分が↑を強調して踊る。
♀「思い出したわ。」

h「あと・・・」
♀「何。言いかけたら止めないで下さい。」
h「右アームに力が入ってないのが気になるんだけど、レッスンで言われてないから、そのうちで良いよ。
今はとにかくスウェイを強調して・・・」
♀「私、リバースターンで・・・hiroさんの邪魔をしているような気がするんだけど・・・」
h「分かる?左に・・・」
 ・気を付けて踊るんだけど、ちょっと何かあると直ぐに戻っちゃう。
 ・まあ、時間がかかるのは当たり前なので、意識していれば、時間が解決してくれるでしょう!

踊り込み。右足首の内側に違和感を感じてちょっと休憩。
動かしてみたけど、大丈夫みたい。
(翌日朝起きたらちょっと張っていた。アップはきちんとしないとね。気を付けよう!)

タンゴ
 ・最初両脚をきちんと閉じられない。・・・練習しているうちにまあまあ。
  音の頭で乗り替えた時の二人のバランスが・・・不安定
 ・オープンリバースターンと5ステップのOPで・・・
♀「私左が落ちるの自分で分かるわ。どうしたら良いのかしら?」
h「ボディトーンを・・・」
 ・僕の背中は・・・???

スロー
h「今(チェンジオブダイレクションで)足を閉じた?」
♀「いいえ。リードは何を変えているんですか?」
h「通過するか、しないか。」
♀「通過って?」
h「・・・」
フェザーフィニッシュから左足前進して
 ・ウェイトがそのまま通過する時、ライズするとリバースターン
 ・ウェイトがそのまま通過する時、ライズしないとスリーステップ
 ・ウェイトが乗ったまま通過しない時、チェンジオブダイレクション
フェザーステップ、スリーステップを繰り返して、リバースターン、チェンジオブダイレクションと繋げて説明
♀「これで分かったわ。今まで説明だけだったけど、実際に踊ってくれたので・・・」
h「・・・」
♀「今までも踊ってくれたこと有りましたっけ?」
h「何度も・・・」

♀「けど、何で分からなかったのかしら?」
h「僕の左足にウェイトが乗った時にはもう左脚は下がっているから、通過するかどうか分かった時には遅いんじゃないかな?
ちなみにその前も早いから、僕がローティーションして、進もうと思った時にはもう右足が床に着いているよ。」
♀「そういえば、名美先生にもそれ、習ったわ。」
ブルースの練習。僕が前進した分だけ♀が後退する。
h(やれば、出来るじゃない。まあ、やらなくちゃいけない事が増えてきたから、一度に全部は無理だよね。)

クイック
たまにリードが通じなくなる。だんだんフレームが崩れて・・・
僕のボディが緩んでくるのかな?

ラテン
h「今日から指を固定しているテープを外したから。ラテンもやれるよ!」
(けど、コンディションが今イチなので・・・ベーシックの踊り込みは・・・次にしてね。)

ルンバ
 ・バリエーションのルーティン確認。だんだんなじんできた。
 ・試しに曲に合わせて踊ってみる・・・まあまあ。
♀「アラベスクにはいる時に・・・(忘れた)」
h「レッスン受けた時に聞いてみて。」

チャチャ
 ・バリエーションのルーティン、ブログでやったとこまでとりあえずOK

サンバ
 ・カウントではほぼOK。あとは踊り込み!

パソ
 ・ベーシックのルーティンを第2ハイライトまで試してみる。まあまあ。

続きは・・・明日の練習で!って、今日のことなんですが・・・それはまた、後日。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-06-19 23:30 | 練習
<< 2006.6.19 in 富士学院 2006.6.15 in 富士学院 >>