2006.6.7 in 富士学院

先日の練習ノートから。
帰り際に電話が来て、出発が30分遅れた。
慌ただしく練習場へ向かいながらイメトレ。

スタンダード
 ・ワルツとタンゴの組み方
 ・互いに左上へのストレッチ
 ・PPでの上体のストレッチ
 ・インサイドとアウトサイドのウォーク
ワルツ
 ・3でしならせて、1は通過
スロー
 ・板2枚を使って歩く
 ・後退時、上体は前バランスをキープしながら腰がヒールを超える~脚から持ち上げてウェイトをしっかり移動させる
 ・OPからスクエアへのローティーション

ラテン
 ・フットワーク
 ・絞りとストレッチ&フリーアーム
 ・音の幅

練習場に入り、着替えたところで、何か質問されてアップもそこそこに練習開始。
スロー
 ・右サイドは落ちにくい
 ・チェンジオブダイレクションの2歩目、Pさんが後退してしまう
h「リードの違いが分かりますか?」
♀「分かったり、分からなかったり・・・」
h「分かって出来ないのは練習すればいいけど、分からないのは僕のせいなのでやり方を変えないと・・・」
 ・フェザーステップからスリーステップ、フェザーステップと繋げてOPからそのまま前進
 ・フェザーステップからリバースターン、更にリバースターンと繋げてOPからヒールターン
 ・フェザーステップからリバースターン、チェンジオブダイレクションと繋げる
3つのパターンを繰り返して、違いを体で理解して貰う。
だんだん分かってきてくれる。
フェザーステップからスリーステップ、フェザーステップ、リバースターン、チェンジオブダイレクションと繋げても通じちゃう。凄い!

けど・・・こっちを重点的にやると、OPからスクエアへのローティーションが今イチ
Sで僕が右脚を使っているうちに、後退のために抜いた右足を床に着けてしまう~右サイドが落ちているのか?

リードを感じながら、ウェイトがヒールを抜けて右サイドをもちあげていると・・・今度はネックが痛くなるらしい。
まあ、当たり前だよなぁ~僕だって、習った事3歩以上続かないのに、こんなにまとめて出来たら凄すぎます。

♀「リバースターンでヒールターンして上がった後の足はトゥからで良いのかしら?」
h「階段を下りる時はトゥから降りるでしょう。同じように・・・」
アップした状態から降りる時はトゥ、トゥ-ヒール
上がらず進む時はヒール-トゥ、ヒール-トゥ
上がる時はヒール-トゥ、トゥ
上がったまま進む時はトゥ、トゥ

ワルツ
 ・何故かリバースターンがNG。踊っていてぎこちない
  進行方向を直線に矯正して、横方向に回転しないように気を付けてみると・・・良い感じ

h「スピンターンの時、景色が横に流れて見える?」
♀「たまに横に流れるけど、ほとんどは斜めに・・・」
h「じゃあ、横に流れるように踊ってみよう!」

タンゴ
 ・SとPPになる時、「そこ!」って連呼すると、Pさん直ぐにポジションを取れるようになってきた。
h「凄いよ。今までもぞもぞしていたのに・・・」
♀「hiroさんがそこって言ってくれるから・・・」
h「今のまま練習していたら、すぐに言わなくても最初から出来るようになるよ。」

クイック
 ・上の枠はだんだん安定してきたような気がする
 ・フットワークは・・・未確認
 ・ネックは・・・お互いまだストレッチ不足かなぁ?
h「踊っていて首痛くなる?」
♀「時々・・・」
h「だけど上手くできると痛くないって良いよね。上手くなるには痛いの我慢して・・・というのとは、違うよね。」
♀「本当ね。」

1時間半位やって
h「そろそろラテンにしょうか?」
♀「私まだ不満で・・・」
h「今日はラテン止めてスタンダードに専念しようか?」
♀「はい。」
元々ラテンのリーダーさん探していたのに・・・スタンダードも一生懸命やってくれて、とても好感が持てます。

更に1時間位やって
h「そろそろ上がろうか?」
♀「私まだ不完全燃焼で・・・」
h「ラテンちょっと踊ろうか?」
♀「はい」
急遽ラテンモードに移行

チャチャ
 ・早すぎてフットワークがメタメタ
  もっと丁寧に床をキャッチして、歩幅を狭くした分ボディを使って・・・課題が沢山
 ・クロスベーシックのカウント2でチェックする時、♀の足を踏みそうになる事しばしば
  二人の回転量が違ったみたい。

サンバ
♀「プロムナードランズで追いつけないから・・・」
試してみる・・・何とか合ってきた(ような気がする)
ルンバとパソは・・・時間切れ

着替えて帰り道
h「結構良い感じになってきたね。」
♀「まだまだ不満で・・・」
h「レッスン後みたいには踊れない?」
♀「ええ・・・」
僕と違って妥協しない方だなぁ・・・って、感心しました。

帰りの電車でノートをまとめていて思い出した事が2つ。
 ・互いに向かい合ってから、組む時左へのストレッチの意識が強いせいか、腰も左にずれてしまい、僕の右手を添える時に少し中央側に戻して、コンタクトポイントを合わせた事がしばしば。
 ・ウィーブフロムPP(PPエンディング)の6歩目で、何故かPさんがスクエアになっちゃうので、ここからのシャッセにとても違和感。
  僕が5の足の上でシェイプをしっかり作ればいいのかなぁ?
直ぐに携帯からPさんにメールを送った。次の練習で試してみよう!
で、昨日試した日記は・・・これからです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-06-09 22:18 | 練習
<< 2006.6.8 in 富士学院 2006.6.5 スロー編 i... >>