2006.3.22 タンゴ編

コ「次にhiroさんのタンゴですが、好感が持てます。ただ・・・」
 ・踊りに余裕がない
 ・いかにして○○をしたように(落ち着いて or 堂々として・・・?)見せるか?
コーチャーがアリアさんと組んで見本を見せて下さった後、僕の真似をする。アリアさん、笑いながらうなずいている。
端から見ると、僕は突っ込んでボディで押している。イメトレしていた女性をどかせて空いたスペースに進んでいるようには・・・とても見えない。

コ「まず、構え!・・・」
 ・左肘を鋭角に曲げる~肘が伸びやすいので注意
 ・足を直ぐに出さない(=膝と(特に)足首を柔らかくしてしならせてから出す)~余裕を感じさせる
 ・膝が前に出た分だけ・・・腹を引き込んで背骨を立てる~腹を出さない!

シャドーの後、コーチャーに組んで踊っていただくが・・・なかなか動いてくれない
 ・左サイドを落とさない
 ・腹で押しているのでしっかり引き込む
 ・もっと膝と足首を使って・・・

ようやく動いてくれたと思ったら・・・
コ「タンゴの右手はワルツと比べてどのようにしますか?」
h「ホールドがコンパクトになるので、体の正面まで内側に入れた分、懐が深くなるように奥に広がりを・・・」
コ「言っている事はそうだけど、そんな風にはしなかったわよ。・・・」
 ・右手の位置はもっと下
 ・ほとんどおへその前で指先は♀の腰に届く位下げている・・・イメージを変更!
アリアさんと組んで更に微調整。
コ「hiroさんは背が高いので、アリアさんは・・・私と同じ位だから○を○に・・・(忘れた)」
  
コ「次にフォーラウェイは・・・」
 ・先行の2ウォークは回転しないで真っ直ぐ前進
 ・4歩続けて右サイドをどんどんリバース方向に進行させる
1Q HT 中央斜めに前進
2Q TH 横(中央斜め)に開く~ヒールが付いてから腰を開くと回転がスムーズ
3Q TH 中央斜めに後退~~ここで腰をしっかり開いてないと上体が開いてしまい、右肩が出る
4Q TH 中央に後退
 ・後退時、フットワークはTHなので、しっかりヒールを着けてボディを送る
 ・ネックは左をキープ~たまにネックが内側を向く事があり、回転が止まってしまう
 ・フォーラウェイはPPで後退
 ・PPは胸を♀に向けておけば、腰は開いてかまわない
 ・リバース系の回転はネックを先に回し、ナチュラル系の回転はネックを残してボディを先に回す
 ・♀はネックを返さず、左を見続ける

反復エクササイズ。アリアさん、ネックが定まらず、何度か注意される。
h(この前の練習でアリアさんに聞かれて、フォーラウェイポジションはPPで後退なのでネックを返すって言っちゃたんだよなぁ~。悪いことしたなぁ・・・)

テレマーク
1Q ♀を先行させてから、右脚を使って左足前進~左サイドを意識
2Q 右ボディを前に送りながら右足前進

オーバースウェイ
1& 右膝を緩め、右脚を使って左足を横に大きく開く~左足を前に出さない(=女性の領域)
 S 上体をリバース方向に絞る。両肩の高さは水平
2S 右膝を緩めてスウェイチェンジ。前腕はいつも床と並行(=水平)
   ♀ギュンって反る
コーチャーのは、一瞬右にフェイントを入れてからボディを開いていてとても格好いい
真似しようかと思ったけど・・・先の楽しみに取っておくつもり
ネックを折ると・・・男らしく見えない

シャッセ
1Q 反った♀を立てながら右足加重。ここまでにスウェイとネックを元に戻す
2& この辺で右肩が前に出て注意された
3Q ウェイトは右足を通過

ホイスク&タップ
1S ウェイトは右足を超えて、左足に加重~フットワークはフラット(だったような?)
2& 右脚を使い、ウェイトが右足を通過する
3S PP

反復エクササイズ。まずhiroを直して、シャドー。仮合格?で、次にアリアさん。その後、組んでお試し。
コ「タンゴはどういうイメージを持っていますか?」
ア「・・・(切れが良いとか何とか?)」
h「パッパッパっていう・・・」
コ「タンゴは元々アルゼンチンタンゴから来ているので、まず情熱があって・・・表面の切れだけだと悪い意味で若く見えて・・・もっと内部にじわーっていう大人の・・・(忘れたけど、hiroの言葉にすると内部にねちっこさ、外には切れ!)」

オープンプロムナード
3Q 左手で♀を引っ張りすぎ!~自分では左足の上に腰があって、そんなに上体が開いているとは思ってない
   左足を開きすぎか?(そうは言われなかったけど、コーチャーの左足はそんなに開いていなかった。)
   これだと、リードが通じないのではって思ったけど、何故か通じる。・・・今までと何が違うのか?
4S ここで♀上体を一杯反るイメージがあったんだけど、コーチャーはそういう動きをしていなかったので、僕のイメージを修正する

アウトサイドスウィブル
1S しっかりウェイト移動
2Q 右足に体重移動後、左足をswingさせる
3Q 左ヒップをswingupさせてネックは左

コントラチェック
S 前歩で左斜め前(上方)に開いた上体を、右前方に集めるイメージでアクセント
♀は全般に切れ!
ア「そんな・・・」
コ「ここは・・・(気合いか?根性?)で・・・」
反復エクササイズ

コ「次にファイブステップですが・・・」
 ・前歩のSで右脚を使って前進準備~全体的にこの動作が足りない
2Q 右足が棒立ちになりやすいので、しっかり使ってボディ(肩胛骨、背骨、尾てい骨他)を移動させる
↑この動きを理解するのに時間がかかって、両手でコーチャーを引っ張ったり、説明する表現を変えたり・・・いろいろ試させていただきました。
3Q 大きく後退だったような(あやふや)
4Q その場(ボディの真下)に付いたような・・・3Qと4Qは逆かも?

ここまで
最後に通して踊ったような、踊らなかったような・・・記憶があやふや。
コ「スローは余り見られなかったけど、・・・(後退のフットワークを正確にとか、左右を繋げて前後に・・・とかだったような、違ったような?)
・・・タンゴは・・・(一番ありがたいはずのお言葉を忘れてしまった)」

休憩する時間を惜しんで復習
オーバースウェイからタップまでの一連の流れを反復エクササイズ
今までは
& 右膝を緩めて
S 背中から一気に開いていた
このレッスンで
& 真っ直ぐ開いて
S ナチュラル系の絞り
って、イメージを変更!

h「スウェイチェンジする時、先生はグーって反っていたよ。そこまでやれとは言わないけど・・・」
ア「分かったわ。」

ア「私は右膝を曲げるのに、hiroさんは左膝を曲げていないわよね?」
h「そうだよ。レッスン中もこれでやっていたけど、何も言われなかったよ。」
ア「それだと私が膝を曲げた分だけ下がっちゃうからおかしいわ。」
h「それ、レッスン中に言ってよ~」
 
ウォーク、リンク、クローズプロムナード、バックコルテの復習
気を抜くと、ボディの下に相手の足を入れられない。上手くいくととても気持ちが良いので・・・要注意。
ア「右手が高くなってきたわ。」
他の組を見ていたコーチャーもそれを聞いて
コ「そうよ。高いわよ。」
h「・・・気を付けるよ。」

繰り返していると、
ア「最初のリンクと、途中のリンクって歩幅が全然違うんだけど・・・」
h「ごめん。前のSで準備をちゃんとしていないと大きく動けないんだ~。気を付けるよ。」

ちょっとだけ良いかなって、コーチャーに質問
h「先生、オーバースウェイで男性の右膝は曲げるんですか?」
コ「レッスン中に質問する人ってあまりいないんですけど!」
h「(ですよね。)どうも済みません。」
コ「しなっているんじゃないですか。」
h「有り難うございます。」

フォーラウェイからオーバースウェイまでの復習
ネックは右手を見続けるとどうにかなるけど・・・フットワークは難しい。~要練習
ボディを使い続けて、下からの運動でテレマーク、オーバースウェイ・・・次の次のコンペまでには慣れるかなぁ?(既に弱気)
週末の練習で頑張ろーっと!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-03-25 22:20 | レッスン・S
<< カップル解消! 2006.3.22 スロー編 >>