2006.3.15 in アカデミーホール

先日の練習ノートから。

タンゴのネックを直したくて、さっさと仕事を終わらせて着替えていると、電話がかかって・・・
1時間遅れちゃいました。

電車の中でイメトレ。
ルンバ
 ・フットスピード~4-1の間脚を伸ばし続けてから蹴るように出す
 ・とにかく大きく
 ・ついでにフットワーク
 ・最初だけしっかりボディムーブメント
サンバ
 ・開いたポーズと閉じたポーズ
チャチャチャ、パソとバリエーション3種目は・・・時間がないのでパス

タンゴ
 ・互いに左をキープし、右肩を意識して、二人の間の空間をキープ
 ・軸は2つ。相手を先行させて自分の進むスペースを空けてから進む
 ・骨盤は足と一緒。一歩ずつフットワークに気を付けて、脇をストレッチ~後退は反時計回り?
 ・ネックアクションは・・・軸をキープ
スロー
 ・後からスタートするswing~1stQからテイクバックをイメージ
 ・内側のボディも前に進める両輪ドライブのイメージ
 ・ウィーブとバウンスフォーラウェイのタイミング
 ・OPのポジション
 ・♀はいつも自分の前をキープして追い越さない~特にフェザーステップの2歩目
ワルツとクイックも・・・パス

練習場に入るとアリアさんはもうアップしている。さっさと着替えて、レッスンビデオとダンス日記のプリントを渡す。
軽くストレッチの後アップして練習開始。ラテンから。

ルンバウォークちょっとやって、ルーティンのシャドーしながらフットワークのエクササイズ。
脚が温まってきたところで、フットスピードのエクササイズ。
続いてチャチャのロックを少しやってから、サンバの開いたポーズと閉じたポーズのエクササイズ。
ホィスクのボディムーブメントを確認してからルーティンをシャドー。 

アリアさんと組んで鏡に向かい、サンバのルーティンをゆっくり踊りながら途中で止めてチェック。
h「伸びてる?」
ア「伸びてるわ。」
 ・リバースターンの後半で、右サイドが落ちやすいので注意。

曲に合わせてルンバを踊る
 ・フットスピードを気にすると4-1でボディが止まる
 ・4-1でボディを使い続けるように心がけると、1か1&で2の足が出てしまう
 ・思いっきり大きく踊ろうとすると・・・両方出来ない。・・・情けない(涙)
まだ、2週間以上有るし、これは一人でも出来るので、しっかり練習するぞ!

カウントで踊りながら、アームワークの確認
 ・指の先までしっかり伸ばす
 ・オープンヒップツィストやスリースリーズでの♀のフリーアームの使い方

h「レッスンで直されていたニューヨークやハンドトゥハンドのフリーアームなんだけど・・・」
 ・横に伸ばして、上に直されている
 ・横に伸ばし続けると、頑張るほど下がって見える。
 ・ボディのストレッチに合わせて天井めがけて上に伸ばす
ア「それは、hiroさんが上に伸ばしているから、パートナーとして合わせろってことよね?」
h「いや、サンバもそうだったけど、ボディを伸ばすためにアームも上に伸ばすって事だよ。このまま練習していたら、いつか『いつまでも下位級みたいに上に伸ばしていないで、もっと表現を考えて・・・』なんて言われるかもね・・・」

ここまで1時間ちょっと。若干物足りない気はするけど、スタンダードに移行。

軽くウォークやって、いつものアンダースローのシャドー。
h「アームがスムーズになってきたね。」
ア「この前の練習で歩幅の話が出たけど、弘子先生にも一度も歩幅について言われた事無いけど・・・」
h「それは1の脚を使っているから言っただけ。その後、アームが2の足に連動しているのを直した時点で、僕の中ではこの話は終わってるよ。」
ア「分かったわ。」
h「ワルツはないので、心おきなくネックは手の先を見て良いよ。」
しばらく各個にエクササイズ

h「女性は後退の方が多いから、後へのシャドーもしっかりやろうね。」
ア「そうだわ。忘れてた・・・」
引き続き反復エクササイズ

アリアさんのアームのスピード、後半の方が速くなっているような気がする。
h「アームのスピードはどこが一番早いと思いますか?」
ア「分からないわ。」
h「一番下。3でしなった脚が伸びて、1の足に体重がかかった時が一番速くて、そこから上がり出すとだんだん遅くなって、両足を閉じた時に止まるんだよ。」
反復エクササイズ継続

僕はやりたくてやりたくてしょうがなかったタンゴのネックの確認。

オーバースウェイの1Sで右足から左上に抜けるライン上にネックを伸ばす
2Sでスウェイチェンジして左サイドのカーブの延長ラインにネックを伸ばし、そのままシャッセ
ホイスクでPPになって、ノースウェイ~ここでネックのラインを決めたら動かさない
タップしながらスクエアにして、ネックの軸をそのまま右(上)を向く
PPにしながら、ネックの軸をそのまま、左に戻す

うーん・・・ちょっと時間がかかりそう。コンペまでに間に合うか・・・いや間に合わせるぞ(多分)・・・
前向きにガンバろーっと!

二人で組み、曲に合わせてワルツ、タンゴ、スローを2曲ずつ踊る。

ワルツ
h「バックロックからレフトホイスクに入るとこ、やりづらくない?」
ア「分からないわ。」
やり直してみると・・・急に良くなる。
h「何か変えた?」
ア「分からないわ。」
結果オーライ!

タンゴ
 ・ウォーク、リンクは良くなった(ような気がする。)
 ・フォーラウェイ、テレマーク、オーバースウェイもスムーズになってきた(ような気がする。)
 ・シャッセ、ホイスク、タップするとこで、右肩が上がったり、前に出たり・・・要注意
h「肩が出て目障りなのはここだけ?それとも他も一緒?」
ア「他の箇所は先生に訊いて下さい。今のとこは、毎回ほとんど・・・」
h「・・・」
ルンバでも思ったけど、一つやると他がおろそかになって・・・あーあ!情けない・・・

ネックラインは・・・PPになった瞬間にラインを決める余裕がない。

スロー
 ・ウィーブのライズは・・・3回に2回は間違える。>3回に2回成功するようになればOKかな?
 ・バウンスのカウントは・・・毎回、ターン!タ!タン!タン!って口ずさみながら踊っている。>そのうち黙って踊れるようにするぞ!
 ・後は・・・まあまあ。踊り込めば良い線行けそう!

6曲踊ってから・・・
h「女性のウォークってどっち回りなの?」
ア「何の?」
h「ただの2ウォーク」
ア「それってタンゴ?」
h「あっ、ゴメン。タンゴ。」
ア「だから聞いているのに・・・前進は時計回りで後退は反時計回りよ。・・・」
h「あっ、そうなの?・・・」
日曜の練習帰りに♂の前進が反時計回りなので、後退も同じではないかと不安になったけど、これで問題は解決したような・・・一応次のレッスンで訊いてみよう!

ア「タンゴは他に比べてレッスンの効果が余り出なくて心配したけど・・・」
h「ずいぶん良くなったよね。」
ア「やっぱり練習しているから・・・」
h「本当だよ。・・・後、音が見えるように踊りたいね。次のレッスンで、聞いてみようかな?」
ア「フォーラウェイが一番はっきりしてないかなぁ・・・私もやるべき事が分かってないような気がするわ。」
h「今はお互い先行する方がどいた後に進む事しか習ってないので、それだけしっかりやればOKさ。
後は次のレッスンで・・・」

練習はここまで。時間にして1時間ちょっと。

h「今日の練習は充実していたなぁ。」
ア「そうね。だんだん踊りが合ってきて・・・私も気持ちよかったわ。・・・」
今回、時間の制約で出来なかった練習は週末に集中的にやるとして・・・
h「金曜のレッスンはストレッチ重点で行こうね。」
ア「はい。」
頑張るぞー!

その結果は・・・明日は無理かなぁ?
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-03-19 00:13 | 練習
<< 2006.3.17 サンバ編 2006.3.13 ルンバ編 >>