2006.2.20 in 山野ダンススクール スロー編

先日のレッスンノートから。

今年初めての庄司浩太先生のレッスンです。今日はスロー。
スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
 ・ネックは左サイド、両足の間を意識
 ・お腹と背中をくっつける
 ・胸骨を斜め前に向ける
 ・常にカーブを意識
どこも、一瞬は出来るんだけど、踊っている間やり続けるのは・・・まだ難しいです。(汗)

高田馬場で待ち合わせて、一緒にスタジオに向かう。
コーチャーとアリアさんを相互に紹介して、入会手続きのあと着替えてアップ。
二人で軽く合わせてみる。
h「カーブを意識してるんだけど、通じている?」
ア「ごめんなさい。」
h(・・・)

日曜に打ち合わせたとおりカーブドフェザーtoバックフェザー&リバースウェーブ4~6&バックフェザー(チェック)を追加してみるが・・・口で(チェック、アウトサイド、インサイド、アウトサイド、チェック)ってリードしないと通じない。(泣)
そのうち、正しい動きが出来るようになって、自然にフォローさせてみせるぞ!(多分)

ここで、コーチャー登場。レッスン開始です。
コ「今日は何をやりますか?」
h「スローをお願いします。」
コ「競技会の予定は?」
h「4月の頭に・・・」
コ「じゃあ時間はたっぷりありますね。どれ位練習しているんですか?」
h「週に4回」
コ「そうではなくて、組んでからどれ位になるんですか?」
ア「今月になってから・・・」
コ「それでは、まだまだですね。」
h「はい、まだ二人で合うところまで行ってません。二人で練習するにあたって、共通の認識を持てるようにご指導お願いしたいのですが。」
コ「分かりました。では、曲無しでゆっくり踊って見せて下さい。」

踊る。フロアが狭いので、ブツブツ切りながら、ルーティンを1周したところでstop
コ「これで、ルーティン1周でしたっけ?思ったより悪くないですよ。ちょっと踊ってみましょうか?」
コーチャーがアリアさんと踊って下さる。
コ「アリアさんの良いところはきちんと立っていられるところです。悪いところは・・・今は言いません。ワルツと比べたスローの特徴はなんですか?」
h「ライズ&フォールが少ない事です。」
コ「そうですね。どうしてそうなるのですか?」
h「・・・」

コ「スローの始まりは・・・」
 ・○○(忘れた)年頃始まった
 ・当時のホールドはコンパクト~チークみたい
 ・お互いに体をずらさず、重なっている→後退する人の歩幅分しか前に進めない

コ「では、どうするかというと・・・」
 ・(アームだけ上下させないで)上半身(脇~胸~肩にかけて)のswingを大きくする
 ・肘も固定しないでswingさせる(肘を固めると堅く見える)
 ・最初はやりすぎる位やってかまわない

二人で踊ってみる。
コ「良いですよ。さっきよりずいぶん良くなりました。とりあえず、二人で練習するポイントを3つ言います。まず・・・」
○ドライブ
 ・ワルツは脚を閉じるから腰がswingする
 ・スローは脚を閉じないので、そのまま通過する
 ・カウントは1S~2Qにかけて大きく進む

(フェザーステップの場合)
1S ♂右足を大きく前進してフラット、左足ボールで立って、中間バランス
   ♀左足を大きく後退してボール、右足は・・・ヒールかボール?で、中間バランス
ア「なんだかコントラチェックみたいですね。」
コ「良い事言いますね。これで絞りを加えたらコントラチェックです。・・・アリアさん、天才かもしれない。・・・」
2Q 脚を直ぐに出さない。1の脚を更に使ってから、歩幅狭く出す。
3Q 歩幅狭く

コ「次も同じように・・・」
フェザーステップ、リバースターン、スリーステップまでを反復エクササイズ
(後から思えばナチュラルターンまで続ければ良かった。)

コ「次に・・・」
○ローテーション
 ・鏡の前でコーチャーを挟んで3人並ぶ。
 ・顔と足は正面を向いたまま、肩幅に開いて体を左右に向ける
 ・膝を使って更に大きく回転させる(ほぼ90度)
 ・この動作を3Qの足の上で始めて1Sで終了し、2Qでは回転しない
 ・3Qの初めでニュートラルに戻す
踊ってみると、回転動作にはいるのが遅れやすいので要注意

コ「最後は・・・」
○スウェイ
 ・2Qの脚をウェイトが通過したらスウェイ開始
 ・タイミングが早いと後退してしまう
 ・スウェイの動作で3Qの脚を引き寄せる

コ「アリアさん、ちょっと踊ってみましょうか。・・・」
 ・肘は前
 ・あとは・・・あちこち直されていた

フェザーステップ、リバースターン、スリーステップまでを反復エクササイズ
ナチュラルターンとオープンインピタスを続けようとして止められる
コ「そんな難しいことしなくて良いですよ。今のところを繰り返して・・・」
反復エクササイズ

コ「はい、いいですよ。今までのところを繰り返し練習して・・・もしやれたら、続きは今の事を応用して・・・」
h&ア「ありがとうございます。」
忘れないうちに二人で復習

ア「私どうもリバースターンとチェンジオブダイレクションのリードの違いが分からなくて・・・」
h「先生、・・・」
コ「それはですね・・・」
 ・チェンジオブダイレクションはライズしない
 ・リバースターンはライズする
h「なら、リバースターンの後でチェックするかどうかは、どのようにして・・・」
 ・3歩目のQで降りると次のswingに続く普通のリバースターン
 ・3歩目で降りず、4歩目で降りると、そのまま回転を伴うチェックの動作になる
h「分かりました。練習します。」

踊ってみると、良い感じ。
ア「ライズを意識すると違いが分かるわ。」
最初から繰り返す。
 ・大きく踏み込みながらローティーション
 ・そのまま大きく送って、通過後スウェイして脚を引き寄せる
 ・降りながらニュートラル
ぎこちないけど、踊りは大きくなったのを実感です。

ア「私どうもスリーステップが上手くいかなくて・・・」
h「それは、スリーステップじゃなくて・・・」
 ・ナチュラルターンの1S二人で大きく踏み込む
 ・2Qで♂が♀を追い越せない???
h「先生スリーステップからナチュラルターンに入るところで、♀を追い越せないのは・・・」
コ「同じです。その前のSを大きく踏み込んで、Qは歩幅を狭くして、♀は内回りなので更に狭く・・・」
h「ありがとうございます。練習します。」

分解してやってみる。コントラチェック風で鏡を見て
h「今中間バランスになっている?」
ア「いいえ、バックバランスになっているわ。」
h「脚をもっと後にやって中間バランスを・・・」
脚を伸ばすと急に格好良くなる
h「いいよ~鏡見て。プロみたいだよ~」
ア「けど・・・ここから・・・上がれないわ~」

h「先生、ここから上がれない時は・・・」
コ「それは・・・」
 気合いが足りないとか、練習不足とか・・・どっちだったかなぁ?
h「分かりました。」
続けると、アリアさん急にばっちり出来ちゃう。
h「今ので気合い入っちゃった?ひょっとして火が付くと止まらないタイプ?」
ア(笑)

反復エクササイズ。良い感じ。後は・・・後退の9歩だ。
1Sで中間バランス&ローティーションを決めて
2Qで通過しながらスウェイをかけて、脚を引き寄せて
3Qでニュートラルに戻した後、ローティーション開始

この前ほどゴツゴツしないで大きく踊れるようになった気がする。
ただ・・・最後のチェックで二人のコンタクトが外れると、次のフェザーステップで空中分解。
h「僕のホールドが崩れているのかな?」
ア「私もおへそを♂に向けるのを忘れていたわ。」
二人で意識して踊ると良い感じ~

せっかくの良いイメージだったので、大事にして復習終わり。

とりあえず?定着するまで練習するぞ~!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-02-23 21:55 | レッスン・S
<< 2006.2.22 タンゴ編 目から鱗part2 >>