2006.2.5 in ゼフィール

先日の練習ノートから。
カップル組んで初めての練習です。

練習場に向かう電車の中でイメトレ。
先日受けたルンバの復習とその他の種目の踊り込みをメインに取り組むつもりです。

ルンバ
 ・一方の脚にボディを引き上げてしっかり立ち、他方の脚をトゥの先まで伸ばす
 ・トゥを擦って引き寄せ、膝と膝を擦り合わせ、トゥを擦って送り出す
 ・ボディをしっかり絞る

駅で待ち合わせて、練習場へ向かいました。
上を出た時はポカポカ陽気だったのに、駅を降りたら冷たい風がきつかったです。

着替えて、アップして、二人でウォークのエクササイズです。
結構やったなぁ・・・汗が噴き出してきました。

ア「(前進)ウォークの時、後のヒールって上がりますか?」
h「途中から上がりますよ。」
ア「ウォークのやり方が今まで習ったのとちょっと違うんですけど・・・」
h「それは、一番信頼出来る今まで習った先生に訊いてみて下さい。それで、違うって言われたら、今度は三浦先生に訊いてみましょう。」
ア「そうですね。」
一番無駄がないのは、レッスン中に質問して、その場で解決することですよって言うのを忘れました。

その後、カウントでゆっくりとルンバのルーティンを合わせました。最初は硬かった体もだんだんほぐれてきて良い感じです。
アリアさんもキツいだろうに、文句一つ言わずに頑張っているのを見ていると、僕も気合いが入りました。(おかげでやたら背中が痛いです)
しばらく練習してから、曲に合わせて踊ってみると、ちょっと遅れ気味。まあ、努力していれば時間が解決すると思います。僕ももっともっと使い続けて、スキルアップを目指すぞ!

無理しておかしくなる前に、逐次休憩です。
合間に、JDSFとJBDFの登録関係の書類を書き上げました。

今週は月、水、金と練習等に取り組めそうなので、橘先生のレッスンの後は練習日にすると・・・
急遽月曜はラテン(チャチャチャ)のレッスンを調整することになりました。

それから、練習用ルーティンの作成。最初にちょっとだけバリエーションのさわりを入れて、後はベーシックです。
1-2~1 スプリットキューバンブレイク
2-2~1 ニューヨークから♂シャッセ、♀スリーステップターン
3-2~1 ♀ニューヨークからスリーステップターン、♂足を開いてぐっと受け止めてから♀と正対
4-2~1 ♂&♀チェック、戻して、チェック戻して、シャッセ
5-2~1 ♂&♀タイムステップからスリーステップターン
6-2~1 ニューヨークからロンデ
7-2~1 スポットターンから前進ロック
8-2~3 ベーシックムーブメントの前半
8-4~9-1 後退のスリーチャチャ
10-2~12-1 クロスベーシック
13-2~14-1 アレマーナ
15-2~18-1 ハンドトゥハンド&スリーチャチャ×2
19-2~1 ハンドトゥハンド
20-2~1 スポットターン
21-2~1 ベーシックムーブメントの前半
22-1~24-1 ナチュラルトップ
25-2~26-1 クローズドヒップツィスト
27-2~28-1 ホッキースティック
29-2~30-1 オープンヒップツィスト
最初に戻る

とりあえず、踊り込みです。
h「チャチャのフットワークもルンバと一緒なので・・・」
ア「あんなに早くできないわ。」
h「ルンバだってきちんとやろうとすると遅れるでしょう。だけど、練習していればだんだん合ってくると思うよ。チャチャも最初はルンバの曲に合わせて練習していれば良いんじゃないかな?」
ア「そうですね。」

残りの2種目は後回しにして、スタンダードの練習です。

ワルツから。
踊っていて、どうしてもボディが離れてしまいます。
h「今まで、コンタクトについて何か言われたこと有りますか?」
ア「そうですね。・・・」
 ・コンタクトについては言われたことがない
 ・動きやすいように、ウェイトは土踏まずの上
 ・自分の位置で姿勢がキープ出来るように、両アームのテンションをしっかり保つ
だったような・・・

h「お互い習った流儀が違うようなので、次のレッスンまでの暫定ということで、・・・」
ボディを付けて踊っていただく。
h「今のは、感じが良かったですよ。」
ア「私はちょっときついです。」
h「きついというのは、上体が引きつけられるの?それとも、窮屈?」
ア「両方かな?」
h(・・・)

橘弘子先生のレクチャーを思い出しました。
自分でやっているつもりなのと、出来ることは違うので、出来ない原因を考えるんだよなぁ・・・
とりあえず、最初の組み方を調整しました。自分で思っているより、右手が上にきているので修正です。
 ・♂の左サイドと♀の右サイドの間を空けずに正対する
 ・♂の右手は♀の肩胛骨の下
 ・肩はいっつも下げておくこと
鏡の前だと確認出来るんだけど、いざ踊ると・・・いつの間にか右手が上に上がっていました。
肘が下がっているのか、肩が上がっているのか・・・多分両方なんでしょうねぇ・・・

他に踊りにくいところは・・・
オープンインピタス
 4 ♂が後退しづらい~原因不明
 5 ♀が引っ張られて、真っ直ぐ立てない~右手で引っ張っているのかも?
ウィーブフロムPP
 5 二人のボディがずれてしまい、♀が回り込まないといけない~原因不明

問題の解決は水曜のレッスンに回すとして・・・とりあえず、ホールド一定に出来るように反復エクササイズです。

合間に曲に合わせて他の種目も踊ってみました。

タンゴ
 ・音にのれない、距離が進まない、♀を運べない~多分原因は同じような・・・
 ・脚を出す時、膝を伸ばすように心がけるも・・・難しくて、動き出すとそれどころではなかったです。
 ・テレマークの回転量が足りない~フォーラウェイで暴れすぎ?

スロー~ワルツにも繋がるホールド重視で踊り込み
フェザーステップ、リバースターン、フェザーステップ、オープンインピタス、ウィーブフロムPP、チェンジオブダイレクションから最初に繋げる
 ・スリーステップが気持ちよくないんです。
 ・オープンインピタスはワルツと一緒かな?
 ・チェンジオブダイレクションの♀の足形が不明で・・・
h「ヒールターンじゃないですか?」
ア「多分こんな風に・・・(脚を開いて寄せる?)」
h「お互い、誰かに聞いてみましょう!」

クイック~同じくホールド重視で踊り込み
ナチュラルスピンターン、V6、フォワードロックから最初に繋げる
ア「どこでPPになるのか分からないいですけど?」
h「全部クローズです。」
ア「だからリードがないのね?(表現はちょっと違った)」
h(・・・)

登録の書類を書いて、来週の予定を調整して、コンペの話しもして・・・充実した時間を過ごせました。
お互いに相手に慣れて、合わせていく段階なので、焦らずに一歩一歩確実に前進して行きたいです。

まずは、コミュニケーションだなぁ。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-02-07 23:22 | 練習
<< 目から鱗 2006.2.3 ルンバ・詳細編 >>