2006.1.29 in イコス上尾(後半)

10分間の休憩時間を利用して、レクチャーにお誘いいただいた埼玉県事務局の方を探しました。
前方右隅に役員らしき方が集まっていたので、立っている方に「済みません、埼玉県事務局の○さんという方はどちらにいらっしゃるでしょうか?」
♂「ああ、○さんね~」
隣にいた方が案内して下さいました。

メールでは何度もやりとりしているんですが、初対面で挨拶を交換して・・・
休憩が終わって橘正幸先生のレクチャー。
な、なんと・・・僕が○さんを探して訊いた方が当の橘先生でした。
恥ずかしくて、穴があったら入りたいって感じでした。(大汗)

橘「前半が弘子先生のメンタル的な話だったので、後半は少し技術の話を・・・」
 ・タンゴもクイックも他のswingダンスも突き詰めると同じもの
 ・要素を大別すると次の4つに集約される
 1 移動
 2 ライジング
 3 (内部の)回転
 4 ???>忘れちゃいました。何だったけなぁ?

 ・SWING系は、脚が伸び縮みしてライズ&ロアーする
 ・タンゴは、あらかじめ膝を緩めておき、頭の高さをフラットに保ったまま、脚を伸び縮みして移動する。
 ・あとは・・・一緒
 ・もちろん、種目によって特色はある。
 ・各フィガーによって、上記1~4のタイミングや量は異なるが、やることは一緒!
 ・それぞれのタイミングは量は・・・移動の量によって決まる(だったような・・・)

説明しながら、ライズ&ロアーやタンゴウォークを実演して下さいました。
特にタンゴのウォークを見て感じたことですが、
橘「タンゴも頭の高さを変えないけど、脚をしっかり伸び縮みさせて・・・」
脚の出し方がとてもしなやかで、見とれちゃいました。
この先生に習ってみたいなぁって、感じました。
 
次に4つの要素について、詳細の説明
移動
 ・前進する時はサポーティングフットの前に重心が来て、更に前にリーディングフットが伸びる
 ・それぞれの位置関係はサ~1~重~1~リとなり、重心は中間
 ・後退する時はサポーティングフットの後に重心が来て、更に後にリーディングフットが伸びる
 ・それぞれの位置関係はサ~1~重~2~リとなり、重心は中間よりサポーティングフット寄り
 ・どうしてかというと・・・忘れた
 ・サポーティングフットを使う意識を持たない
 ・サポーティングフットは、体重を受け止めるだけ。(表現は違ったような・・・)

 ・脚を出すのはサポーティングフットの上を通過するウェイトの移動とボディ~脚のしなりを使う
 ・後は・・・忘れた

ロアリング
 ・リーディングフットが床を掴んだら即開始
 ・しっかり乗ってから始めると遅れる~このパターンが多い
 ・後は・・・忘れた

回転
 ・(ナチュラルターンの場合)1の右足の上でもうライズが始まっている
 ・右足を通過してから左腰を上げようとすると遅れる
ここで、いい話を一杯うかがったんだけど・・・忘れちゃいました。
 ・(ナチュラルターンの場合)前半時計回りから、脚を綴じて一旦反時計回りの動き
  後半、続いて時計回りの動き
 ・前半から後半にかけて時計回りの動きをそのまま続けない
ここでもありがたいお話を・・・忘れちゃいました。

今回の教訓。レクチャーには、ノート持参でその場でまとめること。
やっている最中は、とても為になった気がしたのに・・・非常に勿体ないことをしてしまいました。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2006-02-01 21:56 | レッスン・S
<< 新カップル結成! 2006.1.29 in イコ... >>