2005.11.25 スタンダード編

昨日のレッスンノートから。
12/4のコンペ前最後のスタンダードレッスンでした。
(ラテンのレッスンはもう終わっている。)

仕事終わり際に一つの電話でバタバタ・・・出遅れてしまう。
スタジオに向かう電車の中でイメトレ。

共通
 ・胸骨を斜め前に向けて丹田を引き上げ続ける!
 ・途中で枠をつぶさない
 ・フレーム(左手)のテンションをキープ

タンゴ
 ・音をはっきり
 ・フォーラウェイで浮かない
 ・オーバースウェイのタイミング
 ・タップエンディングのポジションチェンジ
 ・アウトサイドスウィブルのウェイトとボディの向き
 ・ファイブステップの3~4歩目
スロー
 ・ホールド広く、右にスペース
 ・チェンジオフダイレクションの動作

それでも、45分前には何とかスタジオ入り。なんだかとても混んでいる。
そういえば、僕たちのコンペの日、スタジオのパーティだった。
着替えてアップしていると、たまちゃん登場。

たまちゃんが着替えている間に、コーチャーに挨拶。
h「先生、12/4にDSCJのD級戦に出ます。タンゴ・スローです。」
コ「来週ですね。ルーティンは?」
h「今までと同じベーシックです。」
コ「分かりました。」

ちょこって合わせて、レッスン開始。
コ「今日は何をやりますか?」
h「タンゴとスローをお願いします。」
コ「どちらからやりましょうか?」
h「ひどい方からです。」
コ「ひどいのはタンゴでしたっけ?上手くいかないところはありますか?」
h「僕は別に・・・」
た「音がはっきりしないのと・・・別な人に言われたのですが、脚が汚いそうで・・・」
h「後退する脚が伸びていないって言われました。」

コ「分かりました。では、曲に合わせて踊って見せて下さい。」

タンゴ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-26 12:54 | レッスン・S
<< 蟻地獄? エキサイト・ザ・マンション >>