2005.11.18 チャチャチャ編

コ「じゃあ、カウントで踊って見せて下さい。」
ルーティンを一回り踊ったところで、stop

コ「音をクリアにするためには、・・・」
 ・カウント1で脚をしっかり伸ばす
コーチャーのヒップや太ももを触らせて頂く
 ・太もも、臀部その他に力が入って堅くなっている。
た「本当に堅ーい!」
コーチャーに触られる
コ「hiroさんは・・・おおっ!堅い!良いですよ。けど・・・曲がかかるとあたふたして、せっかくの力を出し切れていませんね。脚をもっと使って下さいね。」
h「はい。」

曲に合わせて最初から
 ・踊っていて余裕がない(=あたふたして見える)
コ「歩幅を狭く!」
 ・移動量を減らさないと、余裕は出来ないかも・・・(そういう問題ではないのかもしれないが・・・)

コ「次に、・・・」
 ・♂のフリーアームが下がっているときがある
 ・離れて踊るときでも、両手の枠の中で♀を踊らせる
踊ってみる
コ「スピードが全然違います。」
h(踊っていて実感は全然ありません。)

コ「じゃあ、最初から・・・」
 ・途中でルーティンを間違えて、最後まで続かない。たまちゃんが止めようとすると

コ「止まらないで、踊り続ける!脚伸ばして!・・・」
 ・まごまごしてしまうのは、本番でもやりそう・・・~課題だー

コ「踊っているとき、ネックは・・・」
 ・(ルンバ同様)♀が正面にいるときは正面、違うときは2Fの観客

コ「それから、ナチュラルトップは・・・」
 ・♀ボディ反りすぎ。床に対して真っ直ぐの軸をキープ
 ・♂右手は引き寄せすぎ。もう少しゆとりを持たせる(表現は違った)

h「先生、クロスベーシックのカウント1でシェイプを作るときのネックは、どっちを向くんですか?」
コ「カウント1で・・・」
 ・♂は左手、♀は右手を見る
 ・カウント2でチェックにするときは相手を見る

コ「じゃあ、最初から・・・」
 ・ちょっと気を抜くとフリーアームが下がってしまう
コ「手を下げないで、相手を囲う!」
コ「ほら!手が下がった!!」
何かに気を取られると、あっという間に下がってしまう・・・情けない。

コ「もっと前から、次に何をやるのか考えておかないと・・・その度に今から何やるかって考えていると、どんどん遅れるよ。
だけど、ルンバとチャチャはずいぶん良くなったよ。見違えるようです。・・・じゃあ、休憩して、次はサンバをやりましょう!」

ここで、30分休憩。
た「練習しないで来たっていったら先生怒っていたわね。・・・」
h(だから、レッスン前位しっかり練習しようって言ったのに、・・・)
た「私、ルンバの曲聞いて、最初踊れないわ。」
h「それは、カウントが取れないって事?それとも、どのカウントで何して良いか分からないって事?」
た「後の方・・・。」
h「練習しようよ。」
た「お願いします。」

繰り返していると、結構良い感じ。
本当はここまでレッスン前にやってから、臨むべきなんだよなぁ・・・
h「ところで、サンバのルーティン、覚えた?」
た「いいえ、まだ・・・」
h「練習しよう!」
た「その前にちょっと休憩・・・」
休憩後、復習するも、結局身に付かず・・・

サンバ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-21 22:22 | レッスン・L
<< エントリー決定 2005.11.18 ルンバ編 >>