2005.11.8 in タナカダンススクール~クイック編

クイックの曲が流れ出す。
一旦離れて組み直して、スタート・・・あれ??音外している・・・
もう一度やり直し・・・又、外している・・・おかしいなぁ???
何度かやり直していると、救い(?)のお言葉。

コ「ライズのタイミングが・・・」
 ・ワルツライズとクイックライズは違う
 ・アップするところで、まだロアーしているから、音から遅れる
1S 踵が床に着いた瞬間からアップが始まる

何度か繰り返してから、ようやくスタート
ナチュラルスピンターン、V6、フォワードロック、ナチュラルターン&バックロック、ランニングフィニッシュでstop
コ「最初は・・・」
 ・壁斜めにスタートすると、ナチュラルスピンターンで回りすぎて、コントロールしきれていないので、ランニングライトターンを失敗したみたいに見える
 ・スタートを壁斜めではなく、コーナーに向かって始める方が回転量が減って安定する
反復エクササイズ

コ「次に・・・」
 ・スウェイを付けようとしてただでさえ遅いののに失速している
 ・ホールドが崩れて♀の居場所が無くなる
コ「いろいろ直すと余計に崩れるので、ひとつだけ・・・」
 ・右腰を思い切って引く
 ・右サイドを持ち上げる(=ネックは左上に伸びる)
 ・そのまま右肩を下げる
この姿勢で♀の居場所をキープしたまま、ノースウェイで踊り続ける
コ「・・・スウェイは付けないで!・・・スウェイは付けないで!・・・ほら、右が下がってきた!・・・」
必死で踊っていると
た「(笑いながら)元に戻っちゃた~」

コ「そっちの方がスッキリしていてスピードも付いています。スウェイはスピードをコントロールするためにあるので、付けなくてもスピードが付きすぎたら自然に減速しますから・・・」
h「先生、始めにこの姿勢で立っている乗って曲がっていませんか?」
コ「一人で立っているとおかしい気がするかもしれませんが、後ろから見ても違和感ないし、何より二人で組んだときにとてもよく見えます。ダンスは二人で組んでいる時間が圧倒的に長いので・・・それに、踊っていて楽でしょう!」
た「意外に後ろから見ても真っ直ぐに見えるわよ。」
h「分かりました。」

この姿勢をキープしながら踊り込み。
 ・♀はウェイトを左足の外側にキープ
 ・互いにウェイトを与え合って、スペースを分け合って、踊りやすい。
コ「そっちの方がずーっとよく見えますよ。・・・途中で右が下がってくるので、右腰の前にスイカ一つ分のスペースを・・・」
ここで、たまちゃんバテる。
コ「普段クイックは1曲しか踊らないからね。・・・けど、7曲位続けて踊ると、バテるのを超えて、無駄な力も抜けて、良い感じで(とか何とか)・・・」
h&た「・・・」

ここまで、約20分。良くなったって言われて、(自分でも踊りやすかったけど、)後からビデオを見たら、動きは鈍いし、上体は被っているし、スウェイを付けていないはずがナチュラルターンは全部ピョコってしていた・・・(涙)
D級戦へ向けての課題は山積みだなぁ・・・

スロー編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-10 23:18 | レッスン・S
<< 2005.11.8 in タナ... 2005.11.8 in タナ... >>