2005.11.6 in ゼフィール

先日の練習ノートから。

朝から家の用事を済ませて慌ただしく駅へ向かう。天気が悪いのに、笠を忘れた・・・

練習場に向かう電車の中でイメトレ。

スタンダード(共通)
 ・ホールドを崩さない!(首を伸ばし、肩を下げ、腹引っ込める)
 ・ネックを下げない!

タンゴ
 ・組み方(クローズドポジション、プロムナードポジション)
 ・音の取り方
 ・脚を閉じるタイミングを揃える
 ・フォーラウェイリバース&スリップピボット、ホールドを崩さない
 ・オーバースウェイの姿勢(両脚を内側に絞り、右サイドを懐深く緩め、スウェイチェンジ後も左サイドを上げない)
 ・アウトサイドスウィブル、ウェイトをしっかり移動させる
 ・ファイブステップ、3~4歩目の方向に注意

スロー
 ・ヒップのswing
 ・チェックドリバースターンの後退
 ・バウンスフォーラウェイ、ホールドを崩さない

クイック
 ・1swingずつしっかりロアー
 ・ナチュラルスピンターンの3歩目、ネックを戻す
 ・クイックオープンリバース、上体被らない、ホールドを崩さない

ラテン共通
 ・音の幅一杯に目一杯ストレッチ
 ・一歩一歩脚をしっかり伸ばして、指先で床を掴む
 ・3種目のルーティン確認

ルンバ
 ・バリエーションの8小節の後オープンフェンシングポジションからベーシック30小節のはずが・・・
何度数えてもバリエーションが16小節ある。
 46小節かぁ・・・1曲分フル。少し削ろうかなぁ・・・
 途中のアンダーアームターン、ハンドトゥハンド×3を削って、最後のスライディングドアーズをオープンヒップツィストにすると16+22=38小節
 これでレッスンを受けてみよう!

チャチャ
 ・バリエーションの12小節の後ファンポジションからベーシック16小節。
ホッキースティック、ベーシックムーブメントの前半、ナチュラルトップクローズドヒップツィスト、
アレマーナ、ハンドトゥハンド、スリーチャチャ、ハンドトゥハンド、スリーチャチャ、スポットターンで最初に戻る
 ちょっと短いかなぁ?とりあえず、これでレッスンを受けてみる。

ここまでで、いつの間にか寝てしまい、乗り過ごす。(2度目)

サンバ
 ・バリエーションの18小節の後、ベーシックのルーティンを繋げるか、そのまま最初に繋げるか?
 ・前回の練習で揉めたホイスクでの♀フットチェンジ。これで、最初に繋がらなかった。
 ・♀の足形を確認して、今回最初に繋げて様子を見るつもり。

ようやく練習場入り。軽くアップとラテンのウォークやって練習開始。

ラテンのベーシック3種目やってから、今度のコンペ用暫定ルーティン3種目。
ルンバ
た「スタートのところでどうしても色気が出なくて・・・」
h「ごめん。言い方が悪かったみたい。色気は出なくても良いから、伸ばすところと縮めるところをしっかりやれば・・・」
た「スタンダードと違って、離れているでしょう。いきなり始まるみたいで・・・」
h「手やボディは繋がってないけど、アイコンタクトで途中の空間を繋げて・・・」
た「じゃあ、そういう風にやって下さい。」
お互い相手の意識が向上した分だけ、気持ちよく踊れたような気がする。
早くレッスンを受けたいものだ。

チャチャ
 ・カウントで踊ると、ばっちり。
 ・曲に合わせた途端、バタバタと崩れてしまう。もう少し時間が必要みたい。

サンバ
 ・ホイスクでの♀フットチェンジ、足形を説明。
 ・最初に繋いでみたところ、2拍ずれることが判明
 ・ピボットをもう1回転加えてみる。自分では、結構良い感じ。
 ・身に付けば、レッスンを受けて修正できるかな?
た「サンバって、ルンバ以上にスタートがはっきりしなくて・・・」
h「僕のスピンからスタートで良いよ!」
た「リーダーさんが格好良く(?)スピンして上に伸びる間私ずーっと腰振っているだけなの?・・・」
h「じゃあ、先生に振り付け変えて貰おうか?べつにそれでもいいよ!・・・」
た「・・・」
はてはて、どうなることやら???

スタンダードモードに移行。

ワルツ
h「次のコンペでは使えないけど、練習を兼ねて、終わりに以前2回レッスンを受けたパートを加えてみるよ。」
た「ルーティンは?」
h「フォーラウェイ、ダブルリバース、コントラチェックからウィングとテレマーク、シャッセしてコーナー」
た「わかったわ。」
踊ると
た「何か、いかにも習いたてですって感じだわ。・・・もっとスムーズに・・・」
h「そんなこと言ったって、一昨年2回レッスン受けて、難しかったから練習も止めちゃったのに・・・けど、続けてやっていれば今頃上手くできたのに・・・何で止めちゃったんだろう?」

繰り返し、練習。
h「踊りながらストレス溜まるみたいだけど、これ止めようか?」
た「大丈夫だよ。それほどじゃないよ。ちょっとだよ。」
h(・・・)

タンゴ
最初に組むとき。
h「もっと下に押さえつけられる?」
た「(ボディを下げようとしてから)・・・私のアームね。!・・・」
もう少しスムーズに組めるといいなぁ。

た「もっと二人の音をパッパッパッって表現できると・・・」
h(これが感じられると気持ち良いらしい・・・未知の領域)
た「(練習ノートを見ながら)そうなんです!」
ファイブステップとオーバースウェイはほぼ定着したような気がする。
 
スロー
 ・ヒップのswingは・・・レッスン時の感覚を忘れてしまった。たまちゃんに聞いたけど、覚えてない。
h「こんな感じとこんな感じのどっちかだったんだけど、分からないかなぁ?」
た「どっちも極端すぎるわよ~・・・レッスンで訊いて下さい。」
h(・・・)
 ・バウンスフォーラウェイで、肩が上がるらしい
 ・チェンジオブダイレクションで、気を抜くとポジションがずれる

クイック
 ・とにかく肩を押さえること。気を抜くと暴れてしまうらしい
 ・クイックオープンリバースは、しょっちゅうリードが伝わらなくなる・・・何が悪いのか?
  前回のレッスン内容が定着していないだけか?~踊り込めば直るのか?
 ・出だしのタイミングが合わないって言われる
h「それは、これからやっていく上でも一番大事なことなので・・・」
 ・曲に合わせてカウントを口ずさんでチェックしてみたところ、音の取り方はok
 ・後は、踊り方というか、スキルの問題らしい
た「とりあえず、ピョコってしないで下さい。」
h「あいよ!」

全般に言えるけど、他の組が進行方向をふさいだりして、避けようとするとてきめんに崩れるらしい。フロアクラフト以前の問題だぁ~

休憩しながら、たまちゃんからの提案。
た「一度私の先生に見て貰いませんか?」
h「いいですよ。」
直ぐに予約の手配・・・次の火曜(って、明日)夕方1時間のアポが入りました。
た「一杯直すとこがあるから、楽しみですよー」
h(・・・)

庄司先生とは違う角度から見ていただくことも、タメになるような、無駄になるような・・・
とりあえず、レッスン受けてみて、少しでも生かしたい!

コンペまであと1週間を切ってしまった。
間にレッスンが2回。後は・・・シャドーだ!頑張るぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-07 23:00 | 練習
<< 胸骨を斜め前に向ける! ボランティア >>