2004.3.15 ワルツ編からの抜粋

h「フォーラウェイリバースアンドスリップピボットからダブルリバーススピンと、ダブルリバーススピンからコントラチェックに繋げるところがうまくいきません。」
コ「分かりました。大抵そうなんですけどね。まず、踊って見せて下さい。」

コ「フォーラウェイリバースアンドスリップピボットがおかしいですね。カウントと合っていません。それに、踊りが止まって見えます。・・・」
☆1スウィングを切らずに踊る
 1 右脚を使ってスウィング開始~ボディLODから中央斜めまで
   左足の上ではニュートラル→左足を越えてからリバース方向の運動開始
 2 上に伸びきらない・右ヒールは着けない
 & 一番高いカウント~左ヒールはまだ着けず、両膝を緩めておきながらも、上体はしっかり上に伸びる
   ここで、止まらない
 3 右膝を緩めても沈まない~上体はしっかり伸びたまま
   左足前進準備で初めて右ヒールを着ける

コ「ダブルリバーススピンのこつ、覚えていますか?」
h「はい、背中で回り続けるです。」
コ「そうなんですが、・・・弱いですね・・・最初のターンで内回りはどっちだと思いますか?」
h「女性です。・・・男性でした。」
コ「そうですね。では、内回りと外回り、どっちが大事でしょうか?」
h「外回りです。」
コ「ブー!正解は両方です。ちょっとずるくて、済みません。」
 1 女性は軸までウェイトを移動して後退後ヒールターン?
   男性は女性をフォローするように左足前進しながら背中でリバース方向の運動開始・外回り真っ直ぐ前進しては駄目、最初の一歩でおおむね(二人の関係で変わる)中央を向く
 2 右足上で床を圧しながら上体を上に伸ばしてしっかりした軸を作る
   背中で回転を継続~壁→壁斜めまで(壁で止めようとしてぎくしゃくしていた)
 3 女性とタイミングを合わせる(後退?)
 & 同上(足をクロス?)

コントラチェック
コ「そこ、角度が違いますよ!」
 予 右膝を壁斜めに目一杯緩める(リバース系の運動)
   左足はまだ出さずに上体を後ろに反らせてバランスを取る
 1 このカウントで左足チェック、上体をリバース方向に運動
   左肘を下げない、伸ばさない
 2 余分なことをしないでそのまま戻し、アップしながらPP
   ボディを女性に向けて開かない

ウィング
コ「ウィングもスウィングするんですよ・・・」
☆1スウィングを切らずに踊る
 予 3の後半でボディをしっかり送る
 1 全身の運動を止める、ここまでボディを開かない
 2 ここから女性を進める
 3 膝を緩めて骨盤?から下は中央斜め、ボディから上は逆中央斜めで、ネックは女性から遠い位置~ツィストのイメージ

テレマーク
コ「2歩目女性の動きは何ですか?」
h「ヒールターンだと思います。」
コ「そうですね。女性がヒールターンするので、男性は背中で後退しましょう!」
いきなり回転量が増えてLODに進めるようになる。

どっかで腕だけで動いて、ボディと連動していないので、弱く見えるって指導された。

こうして振り返ると、せっかく高いレッスンフィーを払いながら、パタッと止めて1年半以上も経つと、全く元に戻るものだと感心しました。
13日のコンペが終わったら、しっかりイメージを固めて、練習してから、レッスンを受けたいものです。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-11-04 23:46 | レッスン・S
<< フリー参観 2004.3.8 ワルツ編からの抜粋 >>