2005.10.26 スロー編

コ「では、スローを曲に合わせて・・・」
踊る。
コ「はい、結構です。まず、・・・」
 ・女性は良いが、男性は姿勢が崩れている。
 ・腰がswingしていないのに、アームだけ上げたり下げたりしている分だけ崩れて見える

二人でコーチャーを挟んで鏡の前に立ち、ヒップが横にはみ出た分だけ、逆に曲がるエクササイズ
 ・下が少し動いても、上は大きく振れる
 ・必要以上にボディを曲げようとしない。
コ「どんな感じがしますか?」
h「体の中に軸が一本通ったような気がします。」
コ「すばらしい!今まで軸が無かったのが・・・では、初めから踊って・・・」

フェザーステップ
1S 右足前進しながら、右腰をずーっと前に突き出す・・・
あれ?これで良いんだっけなぁ・・・
swingするのはこの足の上で左サイドの筈だけど、体が覚えているのは確かこうだったような・・・

コ「いいですよ。そのまま続けて・・・慣れるまでは窮屈に感じるかもしれませんが、今のを続けていくうちに・・・」
リバースターン、スリーステップ、ナチュラルターンの前半、オープンインピタス、ウィーブフロムPPと続ける。
とりあえず、ここまではokらしい。
引き続き、チェックド・リバース・ターンでstop

コ「そのリバースターンは良くないですね。・・・」
3Q ♂左足大きく後退
4S ♂右足大きく後退後、右足の上でリバース方向への回転動作開始。この時、コントラチェック風のシェイプ
コ「この2歩を大きく後退するには、・・・(忘れた)。」

反復エクササイズの後、ウィーブ、バウンスフォーラウェイと続ける。
コ「そこはそんなに悪くないですよ。」
h「先生、そこでバウンスの質が違うって言われてるんですが・・・」
コ「えっ?バウンスの質ってどう違うんですか?」
た「それは、○が×で、△で・・・」
コ「言おうとすることは分かりますが、外から見てここはそんなに悪くないので、今日はこのまま・・・」
た「わかりました。」
h(他が悪いんだろうなぁ・・・)

コ「続きを見せて下さい。」
チェンジオブダイレクション、カーブドフェザー、バックフェザー、リバースウェーブの後半(?)、チェックして最初に戻ろうとする。
コ「そこは酷すぎます!言いたいことは一杯有りすぎて・・・とりあえず、最初に言ったように腕だけ上げずに、腰が入ってから・・・」
やってみる。
少しは良くなったのか、時間が無くて諦めたのかは分からないけど・・・レッスン終了。

最後に何かありがたいお言葉・・・忘れた。

休憩してから、二人であれ言われた、これ言われたって、組ながら復習。
h「普段の練習で今日訊こうと思ったところが幾つも後回しになっちゃったね。」
た「とりあえず、今日言われたことだけ集中して・・・」
↑この考え方は好きだな。僕の方針にfit!

今まで、二人の感覚だけで練習してきたけど、これで共通の認識が出来た。
レッスン前に比べて格段に踊りやすくなった。次の練習までこの感覚が残っていると良いなぁ・・・
仮に忘れてしまっても、二人で共通の(暫定的な)目標が出来たので、定着に向けて頑張れるような気がする。

山のように汚いところはあるかもしれないけど、とりあえず、ワースト10位を片づけられるように、課題に向けてしっかり集中して練習して、出来たら次のレッスンでワースト20位まで片づけて目先のコンペに臨みたいものだ。

とりあえず、次の練習日まで毎日イメトレ&シャドーするぞ!
って、今日だ。うーん・・・あんまり出来なかったなぁ・・・
とりあえず、練習頑張ってきます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-10-30 08:25 | レッスン・S
<< 2005.10.26 スロー編 2005.10.26 クイック編 >>