2005.10.26 クイック編

コ「それでは、曲に合わせて踊って見せて下さい。」
踊る。ルーティン2周したところでstop。結局クイックオープンリバースは一度も成功しなかった。

コ「はい、いいです。クイックオープンリバースはおかしいですよ!たまさん、フォーラウェイをやろうとしていませんか?・・・」
h「さっき、名美先生に足形教えていただいたんですが・・・」
名美先生笑っている。

コーチャーに組んで踊っていただくと、たまさん、普通に出来る。
コ「分かりました!たまさんはちゃんと踊れるので、hiroさんはさっきのフォーラウェイと一緒で・・・」
3Q(?) ♂左アームで♀を押しているので、♀が後退してしまう。
       逆に♂のボディが開いてしまうと、♀の前進するスペースが無くなってしまう。
       両肩は腰の上。左肘の方向は逆壁斜めくらいのつもりでボディを♀に向ける
気を付けて踊るとすんなり出来た。(笑)

コ「次にホールドですが、・・・」
 ・♂の右手がタンゴと同じような位置にあるので、もっと高く、横に広げる
少し踊ってみる。
コ「どんな感じですか?」
h「急にフレームが繋がったような気がします。」

コ「すばらしい!そのままで最後まで踊れるように・・・それから、・・・」
 ・ナチュラルスピンターンで♂が崩れて見える
コ「ナチュラルターンでは女性を見るようにしていましたか?」
h「はい、見るようにしています。」
コ「そのままスピンターンに入ると、ネックが女性を見続けてしまい、崩れて見えますので、・・・」
 ・ナチュラルターンでは、今までどおり♀を見続ける
 ・3Qでロアーするとき、一旦ネックを戻す
 ・スピンターンの間ネックは(通常の)左上を見続ける

コ「ここまでやって、まだ余裕があるようでしたら・・・」
 ・今の踊りは平坦すぎるので、よりswingしてみせる方が良い
 ・そのためには、ロアーする前で一区切りずつ止めて踊るエクササイズが効果的。
 ・ウェイトを入れてswing、体重移動して、送り足を引き寄せて、ここで流れずに一旦止める。
 ・本番では動作を止めないが、こうして練習することで、ウェイトの入ったロアーからメリハリのあるswingがが出来るようになるとか、何とか・・・

後、何か言われたような、言われてないような・・・忘れた。

コ「では、最後に一番まともな・・・スローをやりましょう!」
スロー編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2005-10-29 18:27 | レッスン・S
<< 2005.10.26 スロー編 2005.10.26 タンゴ編 >>