2004.5.30 イコス上尾

過去の競技会ノートから。(ML「brd」への投稿から抜粋 2005/10/10)

JDSFのラテン&スタンダード1級戦に出場してきました。

JR上尾駅東口からバスで7~8分のところ。便数が少ないので要注意。
バス停から目の前が会場。そういえば、6年前の8月頃、初めてJADAの競技会に出たのがここだったなぁ・・・

受付してからパンフで確認。1級戦ラテンが1100から。ちょっと余裕。
0910~フロアオープン、練習終了0930。ここまで書いてあって親切だと感じた。
最初ガラガラだったのに、あっという間に芋洗い状態。ストレスが溜まりそうで軽くアップして終わる。

ラテン(S&R)
1次予選。28組中22組up。3ヒート中第1ヒート。
サンバ。
最初にコールされて自分たちの場所を確保したら、後から別なカップルが丁度進行方向に立つ。(怒)
2小節聞いて、2小節その場で踊ってから、プロムナードランズになるので、間隔が空くかと思ったら、ピボットでぶつかってしまった。外へ!外へ!
ルンバ。
ルーティンを間違える(汗)
結果。
ジャッジ5人、ピックアップ23組。サンバ:5、ルンバ:5のフルチェックでtop(同点6組)

2次予選。23組中12組up。2ヒート中第1ヒート。
サンバ。
また、ぶつかる。もっと外へ!
11-5で、右サイドを折らない!>気を付けて入るんだけど、もっと伸ばそう!
ルンバ。
ファンで左アームが上がるらしい。テンションが抜けているんだろうなぁ。
結果。
ピックアップ12組。サンバ:5、ルンバ:3、計8点で2位(同点3組)

準決勝。12組中6組up。
サンバ。
途中でルーティンを間違えてしまった。(大汗)
あれ?って思ったら、パートナーさんが一人でウォーク&ロックで進んでいる。慌てて後ろについて、一緒にウォーク。
1周目が終わって、2周目に入るところで、パートナーさんが転ぶ。丁度曲が終わって、事なきを得る。二人してぼろぼろ。
ルンバ。
記憶無し。
結果。
ピックアップ7組。サンバ:3、ルンバ:4、計7点で3位

h「ルンバ、どうしてチェックが入らないのかな?」
♀「ヒップアクションが足りないような気がするわ。」

決勝。
サンバ。
まあまあ。
ルンバ。
又ルーティンを間違える。

表彰式の前に講評。
 ・チャチャで1の音の幅が狭い
 ・ボディは常にどちらかに斜に構える
 ・肩胛骨から後ろを自由に使えるように
 ・(ファンやニューヨークなどで)女性と一緒に開かず、先に開かせ、極限まで開
く瞬間に戻す
 ・繋いだアームの脇を締めないと女性がぐらつく
 ・視線に注意>ボーっと見ている人は踊りもボーっとしている
 ・立ったまま突っ張って、膝を伸ばしきらない
 ・(スタンダード)ナチュラルターンで足をくっつけようとしては駄目。中心に
立って伸びると自然に付く。

表彰式。準優勝。オナーダンスは踊り損ねたけど、D級に昇級が決まった。

すぐに着替えて、スタンダード(T&F)の準備。
1次予選。58組中44組up。6ヒート中第3ヒート。
タンゴ。
結構良い感じ。
フォーラウェイリバースアンドスリップピボットでおへそが向いてない。
で、パートナーさんへのリードが遅れてしまい、勢いが付かない?
スロー。
良い感じ。
知人からのアドバイス
知「右手の位置がタンゴのままなので・・・」
 ・♀の左手が余る
 ・もっと高くキープ
パートナーさんの先輩からもアドバイスをいただく
先「枠を広げて、・・・首を枠の外・・・」
 ・上を向いていこう!
結果。
ピックアップ45組。タンゴ:5、スロー:5のフルチェックでtop(同点7組)

2次予選。45組中24組up。4ヒート中第3ヒート。
タンゴ。
周りを囲まれて、ウォーク、リンク、プロムナードで終わってしまった。
上下はしていないけど、もう少し下から行った方が良いみたい・・・
スロー。
気持ちよく踊れる。
h「ところで肩ピックンは無くなった?」
♀「うん。だいぶね。」(まだあるんだ・・・)

ここで、先に審査員からの講評
ワルツ
 ・クローズする時、足を寄せない。上に引っ張られると足は寄ってくる
タンゴ
 ・クローズする時、足を寄せない。足を揃えると上に上がるので、腿と腿を合わせる
スロー
 ・女性のラインが真っ正面になっているので、左右の腹斜筋、広背筋を使う(ローテーション)
 ・練習時に、フェザーステップとスリーステップを男女交互に入れ替わって繰り返すと効果的
クイック
 ・やさしいフィガーで練習をいっぱいやる
 ・曲のスピードが速いので前バランスをキープ
 ・フォワード、バックワードのロックを男女交互に入れ替わって繰り返すと前バランス、OPが理解できる

結果。
ピックアップ27組。タンゴ:5、スロー:4の計9点で2位(同点4組)

腿を合わせることを意識して3次予選に臨む。
27組中12組up。
タンゴ。
結構ぎくしゃくしてしまう。
お互いのやるべきことをやろうとしている分かな?やろうとしないよりはましだとお
互いに納得。
肩ピックンはだいぶ減ってきた(らしい)
h「下から行っているかな?」
♀「私も今余裕がないから、よく分からないけど、上下はしてないから良いんじゃないかな?」
スロー。
気持ちよく踊れる。
h「枠は離れているかな?」
♀「安定していて良かったわ」
結果。
ピックアップ13組。タンゴ:5、スロー:4の計9点でtop(同点2組)

準決勝。13組中6組up。
記憶無し。
結果。
ピックアップ7組。タンゴ:4、スロー:3の計7点で2位(同点2組)

いよいよ決勝。
終わって、表彰式。またもや、準優勝でオナーダンスを踊り損ねる。

着替えている時(ラテンもスタンも)、色々な方から声を掛けていただく。
「惜しかったね。」
「あなた方の踊りの方が好きでしたよ。」
役員の方からも
「審査員に聞いたけど、採点は割れていたようだよ。優勝するかと思ったけど残念だったね。」
「今度8月にも大会があるので、又来て下さい。」

何だか、とっても気持ちよく帰ってこられた至福の1日でした。(笑)
JDSF数字級へのエントリーはこれで終わりにします。
これからのターゲットは、財団のスタンダードG級戦と、ラテンF級戦。それにJDSFのD級戦。

今月は競技会をお休みして、やらなくてはならないことが山積み。
ラテンはルーティンを覚えて、質を上げる練習。
そのうち、チャチャのルーティンも作ってもらわないといけない。
スタンダードはルーティンを作るとこから始めなければならないので・・・気合いを入れて頑張るぞ!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2004-05-30 14:07 | 過去の競技会
<< hiroのダンス日記 2004... 2004.5.16 台東リバー... >>