2010.7.2 クイック編

先日の個人レッスンノートから。

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
 ・頭(顔)をおとなしく、首から下を柔らかく
 ・最初のランニングライトターンをフレームを止めずにスムーズに踊って次に繋げる
目標
 ・今日でルーティンを終わらせられるように、習ったところを一発で決める

45分前にスタジオ入りして、しっかり踊り込んでレッスンに臨む。

途中でコーチャーにご挨拶。
h「先生、8/1のJPBDAのノービス戦にエントリーしました。」
コ「少し早くなりましたね。大丈夫ですか?」
h「はい。明日やっても大丈夫な手応えを感じています。」
コ「勘違いでなければいいですが・・・パートナーさん奇麗なのにリーダーが足を引っ張ってって、評判が立ったらどうしますか?」
h「甘んじて受けて、しっかり練習して、次に臨みます。」
コ「それなら良いですが・・・」
引き続き、しっかりシャドー。

コ「それでは、始めましょう!練習してきましたか?」
h「はい。シャドーだけですが。」
コ「曲に合わせて踊れますか?」
h「はい、大丈夫です。」
コ「それでは、曲に合わせて踊って見せて下さい。」
途中で、音を外してしまった・・・

コ「今のは曲にあっていましたか?」
h「途中、オープンナチュラルで外しちゃいました。」
コ「外したって気付いたときは、どこかで合わせてから続けた方が良いですよ。・・・」
 ・基本は中間バランス
 ・1歩1歩足の上に重心を移動させようとすると曲から遅れてしまいやすい
 ・両脚を開いているときは、両足の中間を重心が通過するイメージ
 ・両脚を閉じているときも、両足の中間に重心を置く
 ・サポーティングフットでボディを運ぶのではなく、体の下に足を置く
 ・ランニングライトターンも足の上にウェイト移動させず、両脚の間のラインに沿って移動させる

コ「次に・・・」
スローアウェイオーバースウェイからオープンナチュラルまで
 ・右→左→右→左と交互にスウェイチェンジ
 ↑合わせて右を前→左を前→右を前→左を前と交互にローテーション
☆こねくり回さず、両サイドを交互にストレッチと言われたのと混同している???(後から確認)
↑下(腰)の向きと上(胸)の向きが違うとも言われた

PP
 ・特にPPで2Qの足の上にウェイトを乗せてスウェイチェンジしようとすると遅れる
 ・1Sの足と2Qの足の中間ラインを重心が移動したときには、左スウェイが出来て、体の下に3Qの足を置くと音から遅れない
↑前回のレッスンで習ったのになぁ・・・

オープンナチュラル
1S 左脚を使って左肩胛骨を前に持ち上げる
   ↑頭固定で下をswingさせて腰を持ち上げるって、前回習ったのに忘れていた
   両アームと一緒に後から前にswing
   更に前上方に振り上げながらネックを右
   ↑ボディと連動した動きが大事~先に切ったり、後から追いかけたりしない

続くオープンインピタスの切り替えは上手くいったみたい

ホップステップ
 ・けんけんってサポーティングフットで床をプレスするイメージがNG
予・Q(L) THでボディを運ぶ
1・Q(R) HTで骨盤を前に振り上げる(ここだけHTで、他はTT)
      連動して左膝が付いてきて、右足が床から離れる(=スキップのイメージ)

そーいえば・・・ホップステップでコーチャーがS&とかって音を取ろうとしたのに、そこはQQでって、口応えをしてしまったところ、そのままやるように言われた
(またまた熟考が足りない欠点をさらけ出してしまったと、後悔)

h「先生、ここは腹筋を縮めて肘を膝にくっつけるイメージで良いですか?」
コ「良いけど・・・やってみて」
 ・最初に骨盤を持ち上げずにNG
 ・骨盤を持ち上げた後に、腹筋を縮めて使うのはOK
 ↑とても忙しい・・・

続くシャッセ。
 ・上体は左に残して、下を♀と一緒に先行させる

一旦止めてシャッセの反復エクササイズ。

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-07-28 23:08 | レッスン・S
<< ようやく退院! 週末の競技会 >>