2010.6.23 タンゴ編(その3)

昨日、今日と猛烈な暑さで、夏ばて寸前です。
ここで疲労を蓄積すると、秋になって、がくって来るので要注意です。

さて、先日のレッスンノートの続きから。
コ「では、ルーティンを1周分見せて下さい。・・・hiroさん、・・・」
 ・♂はとにかく余分なことをしない
 ・軸をしっかり絞って、頭を上に引き上げる
 ・リンクなど右サイドリードから左サイドリードの切り替えは首を柔らかくして、ボディだけ動かす
 ・(相変わらず)右肩が上がりやすいので、下に押しつけて、右肘を遠くに伸ばす
 ↑この時、右手を引かず、ボディの前に置いておく

コ「ほら、hiroさん首長いじゃない。それを縮めるなんてもったいないわ。」
h「僕も自分のネックのラインが好きなので、ネックからショルダーのラインはとても意識している踊っているのですが・・・」
コ「それは大事なことよ。・・・」
 ・首を上に引き上げるイメージを合わせて持つ

チェイス
 ・♀は♂と一緒に後退せずに、♂だけ先行する
コ「hiroさん、第1コース、第2コースって教えたの覚えているかしら?」
h「はい。(今思い出しました)」
 ・LODに進行しながら中央から壁に向かって第1コース(♂)、第2コース(♀)を進む
 ・4Qで♂は第2コースを横切って、第3コースに移動する
 ・♀は引き続き第2コースを進む
 ・♀左足の後退量は少ない
続くシャッセ
 ・♀先行させる

コ「オープンプロムナードはこうして(左スウェイを付けて)も良いのかしら?」
h「この前財団のチェッカーにはぼろぼろに指摘されましたが、JDCのチェッカーは知りません。
先生の方がよく知ってるでしょう。教えて下さい。」
コ「あまり派手にしないで・・・」
4月の競技会みたいに左スウェイで踊る
コ「もう少し・・・」
 ・自分の中では15度の傾斜
 ・♂の前進と一緒に♀後退

アウトサイドスウィブル&コントラチェック
 ・&Sの音をはっきり
 ↑コントラチェックの戻りも同様
 ・コントラチェック直前、上体は今までどおり左スウェイ(表現は違った)
 ↑左足の位置は右足と平行から中央斜めに開いた位置
 ↑ネックは今までの気持ち壁斜め→気持ち中央斜め

通して踊った後、微調整していただく。

コ「今日は、ここまでにします。」

習ったことの定着を目指してしっかり踊り込む。
次のレッスンの邪魔にならないように、角度を変えたり、クローズプロムナードやバックコルテを追加しながら踊り続けて・・・しっかりフォローしてもらえた。
良い感じです。
週末しっかり踊り込もう!(って、それから1ヶ月が経過するところですが・・・)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-07-21 23:28 | レッスン・S
<< 今日のポイント 2010.6.23 タンゴ編(... >>