2010.6.9 ワルツ編

練習に行く前に先日のレッスンノートを一つアップしておきます。

着替えて軽くアップした後、曲に合わせてワルツから。
結構良い感じなんだけど・・・クローズチェンジ(リバースからナチュラル)とホィスクの違いがたまに伝わらず・・・???
↑後でコーチャーに訊いてみよう!

丁度流れてきた曲に合わせてタンゴ
曲がスローに変わったところで小休憩。

前のレッスンが全部終わったところで、ワルツを掛けていただいて・・・良い感じ。
見ていた土屋美哉先生から一言。
土「だいぶ踊り込んでいるでしょう!踊りが合ってきたわよ。」
h「それが・・・けど、合ってきたのは昨日も感じました。」
なんて会話の後、コーチャー登場。

コ「それでは、始めましょう!練習してきましたか?」
h「ちょっと間が空いてしまいましたが、昨日しっかり練習してきました。
踊っていて良い感じで・・・」
コ「それは自分が思っているだけで、人が見たときにそう思うかどうかは・・・」
h「はい。そのとおりです。」

コ「それでは、踊って見せて下さい。・・・hiroさん!・・・」
 ・フットワークで手を抜かない
 ・ヒールを通過するときは、しっかりヒールから!
 ・トゥで立つときは、しっかりヒールを上げて、内側バランスで立つ
h「はい。気を付けます。」

やり直そうとしたところ、練習用ルーティン変更
 ・最初左足に立って、3でロアー
 ・1で右足にウェイト移動し、徐々に前に出て
 ・3で予備歩(左足)前進
ここから
1 ナチュラルスピンターン
2 リバースターン 4~6
3 リバースターン
4 ホィスク
5 シャッセフロムPP
6 ナチュラルターン

ここまで踊ってコーチャーからご指導
 ・hiroの右肩が出やすい
 ・右アームが縮むと肩が上がりやすい
 ・両肩をしっかり下に押しつける
 ↑プラス右手から右肘までを遠くに張る=右側にスペースを広く確保

先に進んで
7 バックホィスク
8 ウィング
9 プログレッシブシャッセトゥライト
10 アウトサイドチェンジ(PPエンディング)

コーチャーが一度見本を見せると、パートナーさん直ぐに出来ちゃう!!

更に
11 シャッセフロムPP
12 ナチュラルスピンターン(オーバーターン)
13 ターニングロックトゥライト
を追加

コーチャーと踊ってNG
 ・右肩を出さない
 ・ナチュラルスピンターンの4歩目、後退の歩幅が狭すぎ
 ・同6歩目、左足壁斜めに後退し、両トゥ立ち(インサイド)で小指に逃がさない
 ↑ここから、左ヒールを床に着けてLODに後退(壁斜めにウェイトを移動させない)


ターニングロックトゥライト
 1・1 左トゥ(足の裏)を床から剥がして右足後退
 2・& 左足を右足に大きく掛けず、ボディが中央を向いたところまで
 3・2 右足中央斜めに開く
     ↑それ以上回そうとすると、2人のボディがずれる

♂が出来ると、初めて踊るパートナーさんも・・・出来ちゃう!!

更に追加
15 ウィーブフロムPP(PPエンディング)
16 シャッセフロムPP
 ・ウィーブの1歩目、大きく前進
 ↑またまた、♂が出来ると、踊るパートナーさんも出来ちゃう!!

コ「普通、初めての人にここまではやらせないんですが・・・」
17 ナチュラルスピンターン
18 バックロック
19 レフトホィスク
20 コントラチェック
21 シャッセフロムPP
最初に戻る

これもコーチャーが踊ってみせると・・・

コ「一度見たら出来ちゃうのよね~
この後、ナチュラルスピンターンで最初に戻して、繰り返して踊って・・・
今日は、ここまでにします。しっかり練習してきて下さい。」

h「先生、秋頃DSCJのノービスに出て、来年前期から財団のD級戦に出ていきたいと思っているんですが・・・
次からタンゴで良いですか?」
コ「まだ足形だけなので、中身をもう少し見てから判断します。しっかり練習してきて下さい。」
h「分かりました。」

しっかり復習して帰路につく。
良い感じになってきました。(笑)
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-06-20 08:25 | 練習
<< 2010.6.13 at ゼフィール 2010.6.8 at ゼフィール >>