2010.4.23 タンゴ編

先日のレッスンノートから。
競技会直前ですが、都合により個人レッスンです。
タンゴとスローを合わせて見ていただこう!

スタジオに向かう電車の中でイメトレ。
 ・とにかく両肩を下げて
 ・ボディを持ち上げて
 ・肩胛骨の下をコンプレス
 ・ネックからショルダーのラインをキープ!

30分前にスタジオ入り
軽くストレッチした後、シャドー。タンゴ、続いてスロー。
たまに鏡を見ると・・・右肩が突き出ている・・・
今まで、ずーっと勘違いしていたとは・・・情けない・・・

コ「お待たせしました。今日は一人ですか?」
h「はい、そうです。競技会まで最後のレッスンになるので、タンゴとスローをまとめてお願いします。
ネックからショルダーのラインに気を付けて練習しているのですが、まだ・・・」

コ「分かりました。では、タンゴから踊ってみましょう!」
1歩目を出そうとしてグシャってなって、すぐにstop

コ「hiroさん、・・・」
 ・下を緩めて前進してくるけど、アームが付いてこない
 ・ウォークはリバース系の運動なので、左手が付いてこないと、左が後退しているように感じる
 ・ネックからショルダーのラインを保つには、2人の間の空間を崩さないこと
 ・ボディだけ前進してアームを前に出さないと、肘がボディより後に下がって肩が突き出る
 ・逆にアームだけ前に突き出そうとすると、♀のラインが崩れる
 ・フレームを崩さず、両アームと背骨を一緒に移動させることが大事

リンクの後のクローズプロムナードでstop
 ・上を残して、下だけ移動させている
 ・進行方向にある何かを掴んで引き寄せるようにして、上から下まで一緒に移動する(hiroのイメージでは綱引きのパントマイム)

続くバックコルテでstop
 ・アームを置いてボディだけ後退しようとしている
 ・背骨とフレームを一緒に後退させる(だったような?)

2ウォークでstop
コ「hiroさん、リバース系の前進はみんな一緒なので・・・」
↑続くオープンリバースターン、ファイブステップの1歩目も一緒

コ「hiroさん、隙がありすぎますよ。脚を揃えたら、気を抜かないで次の準備を・・・」

更にチェイス
1S 綱引きのように上から下まで一緒に前進
3Q 左膝をナチュラル方向に使う
4Q 右膝をナチュラル方向に使いながら、LODに後退し、♀を前進させる(ここで回さない)
5Q 左足の上で上体を左に残しながら、右脚を横に開いて♀を先行させる

プロムナードリンクでstop
コ「hiroさん、わざと歩幅を狭くしていますか?」
h「いいえ?」
コ「スローの幅はどこからどこまでですか?」
h「中間から(リーディングフットを越えて)中間までです。」
コ「ここは・・・」
1S しっかりウェイトを通過させる
   ↑スで左足に乗って、ローで右脚を引き寄せるくらいで丁度良い
クローズプロムナードとオープンプロムナードも同様

フォーラウェイリバースアンドスリップピボット
1Q 下から右膝を使う

コ「これ出来るかしら?」
片足で立って、膝を左右に回す
脚を替えて同様に回す

オーバースウェイの1歩目も同様
 ・突っ立っていると膝を使えても動きの中で使えないと意味がない
 ・サポーティングフットの膝を使わずにリーディングフットを出してはいけない>毎回言われて、練習しているつもりになっているけど・・・結果、出来てない

コ「hiroさん、オーバースウェイから戻すとき、余りにわざとらしすぎるわよ。・・・」
 ・左足ウェイトのままで♀を起こしてから、右足にウェイトを移している
 ・♀を起こしながら中間にウェイトを移動し、流れを切らずに♀先行で右足にウェイトを移動し、そのままシャッセ

コ「hiroさん、今どこが見えてる?」
h「・・・床です。」
コ「ちょっとこっちに来て・・・」

ダンスビューやダンスファンの写真を見せていただく
 ・トッププロの視線は高め
 ・アマの下位の方は・・・低め
 ・アクセントで下を見ることはある
 ・基本は左右の斜め前
 ・正面や上はほとんど見ない
 ・視線で空間を支配する
 ・広ければ広いほど格好いい(表現は違った)

フォーラウェイからオーバースウェイの2Qまでは左アームの内側か外側を通して遠くを見る
3S 左斜め前
4S 右斜め前
 & 左斜め前
首を伸ばして、高いところから遠くを見る

続くファイブステップでNG
コ「ほら!隙を作っちゃダメって言ったじゃない!!・・・」
 ・まず右膝を使う
 ・左手を抜かない
 ・ボディで押さない

オープンプロムナードでstop~実はずーっと気に入らなかったけど、最後のパートなので、先送りにしていた
1S スローをはっきり
3Q 左ウェイトでクローズポジションを作る~ここが曖昧だとチェイスと区別が付かない
  ↑ここでネックは♀を見る(次の確認)
4S ♀が右足加重で後退の準備が出来ていることを確認して、右膝をリバース方向に使って、フレームから背骨まで一緒に前進
  ↑♀が後退して空いたスペースに右足前進~この足は雌のサポートに出すイメージ

  ↑合わせて左膝をしっかり伸ばして、ウェイト移動~右サイドのローテーションは、チェッカー次第

アウトサイドスウィブル
1S 右アームで♀を引かない~ラインが崩れる
   右膝をナチュラル方向に使う>チェイスの5歩目と似てる
   ↑おへそは♀に向けたまま、ボディで♀を押さない>フレーム(2人の空間)をキープ
2Q 左脚を使って右足前進(プロムナードリンクと同じ)

コ「コントラチェックは良いわよ。ごめんなさい、時間が無くなっちゃったわ。」
h「先生、次の時間は空いてますか?」
コ「ごめんなさい、入っちゃっているのよ~」
h「分かりました。スローも同じように気を付けて練習します。」

フロアが混んでいたので、真っ直ぐ帰宅する。

競技会まで後、練習が3回。
昇級目指して、しっかり頑張るぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-04-25 23:01 | レッスン・S
<< 2010.4.23 タンゴ編 2010.4.21 at 富士学院 >>