2010.4.19 at 富士学院

今日も2ついっちゃいました。

先日の練習ノートから。

着替えて軽くアップの後、カウントでパートナーさんと合わせる。

前回忘れていたプロムナードリンクをまず確認。
h「トゥとボディの方向・・・これでやれますか?」
パ「この前習ったことですよね。クローズなので大丈夫ですよ。」
反復エクササイズ

良い感じになってきたところでスロー。
最初から通して踊ってみて、スリーステップが今イチ
2ndQの右足が床をキャッチしてから右サイドを前に出して、左サイドを縮めて、右サイドを前上方にストレッチしながらローテーションの3
1S 音の幅一杯にリバース系のswing
2Q ウェイトが右足を通過しながらswing継続

小休憩の後、曲に合わせて4種目7曲踊り、休憩を挟んで3種目6曲踊って休憩

ワルツ
 ・クイックオープンリバースの4歩目は、レッスンを受けないといい状態が分からない???>先送り

タンゴ
 ・バックコルテ、1Sで音の幅一杯に使って左足の上でウェイト移動
 ↑一人で反っくり返って先に行かない
 ・チェイス、4Qフレームを回さない~右と左に分裂させて、右サイドをしっかりキープ

 ↑右ボディを落とさないで、右足で床をプレスしてボディを運ぶ
 ・続くリンク、絞ってほどく>♀の方に突っ込まない
 ・オープンプロムナード、4S右サイドを緩めない~左右に分裂させて、しっかりキープ

 ↑アウトサイドスウィブルも同様
 ・コントラチェック、&Sで音をしっかり見せる

スロー
 ・気を抜くと右肩が出てくるので、しっかり押さえつけるというか、横に張る
 ・フェザーステップから始まるナチュラル系のswingで右サイドを縮めるとき、右肘を下げない
 ・バウンスフォーラウェイの3歩目以降、フェザーフィニッシュの1stQで左腰を持ち上げるとき、右肘を下げない、♀にしがみつかない(引き寄せない)
 ・PPで右手が近づきやすいので、右肘をしっかり張り続ける

クイック
 ・Qはトン、トンって、音を取れるようになったけど、Sの幅を使い切れない
 ・ライズで膝が使えず、突っ立ってしまいがち

右肘を意識するだけで、空間が広くなって、踊りやすい。スローでは音も取りやすい。

↑収穫の多い練習だった。

次に続けていこう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-04-22 23:03 | 練習
<< 今日のポイント 2010.4.18 at 富士学院 >>