2010.2.22 パソ編

今日は職場の送別会でした。

先日のレッスンノートから。
小関恵子先生のスタンダードのレッスンが終わって小休憩の後、ムービーをセットしたところでコーチャー登場。

コ「お待たせしました。」
h「今日はパソをお願いします。」
コ「ベーシックですか?」
h「ルーティンをお願いします。」
コ「分かりました。では、カウントで・・・」

構えた途端にボディを直される
 ・左サイドにアーチを作って
 ・ボディが緩んでいるのでしっかり持ち上げられる
h(意識して構えているのに、最初から緩んでいるなんて・・・(恥))

最初からやり直して8小節でstop
コ「hiroさん、ボディが緩んで・・・」
お腹周りを両手で押さえたコルセット状態で持ち上げられて、初めて、ああーっ緩んでいたなぁ~って、自覚する(恥^2)

コ「hiroさん・・・」
 ・前進するときはシェイプを付ける
 ・後退するときはシェイプを付けない

先に進んでプレハイライトでstop
 ・シャッセでしゃがまない
 ↑膝を緩めると、ボディも緩んでしまう
 ・シャッセしながらボディを持ち上げていくので、しゃがんで見えるだけ(とか何とか?)

続けて
1-1 アペルで沈まない
    その場でプレスして、浮かない
    床をプレスして持ち上がる分を進行方向(=前)に使う
  3 しゃがみながらボディを緩めない
  5 左脚キックは右足ウェイトで右サイドをストレッチ!(これ重要)
  6 右足ウェイトのまま、右足を軸にしてナチュラル方向にボールターン
  7 左脚ウェイトでドラッグ風
  8 ♂左手&♀右手のコネクションを残しながら、左脚をロンデ~これ難しい!
2-1 右ウェイトでリバース方向に反転
  2 左ウェイトでナチュラル方向に反転
  ↑
コ「ここも中間バランスになっているので、片足に乗って・・・」
 ・ボディを緩めない
 ・背中越しに相手を見るシェイプ 
  3&4 スリーステップターン、尾てい骨に軸を作り、下から上に上げて中に入れる=肛門を締める(と思う)
 ・両アームを上で組んでスピン
 ・両アームで回転を止める(だったような?)

 5~7 ルンバのアレマーナ風にしてNG
コ「hiroさん、そこアレマーナのように見えますが・・・」
h「はい、そういう風に踊っています。」
コ「そこは・・・」
↑ここどうだっけなぁ~
 ・どっちかにシェイプして
 ・♀をその場でタイトに回したような・・・肝心なポイントを忘れた(大汗)
 ↑するとカウント変わるかも?(次のレッスンで確認しよう!っていつになるのか???)
  8& アペル

ここからクローズフェンシングtoプロムナードtoウォーク?でstop

コ「私もルーティンうろ覚えでしたが、hiroさんのリードで思い出しました。
けど・・・思いっきりボディが平坦で・・・」
 ・プロムナードポジション:左サイド下(右サイド上)
 ・カウンタープロムナードポジション:右サイド下(左サイド上)
 ・グランドサークルの直前:左サイドにアーチを作る(今までと逆)
 ↑下って書くとボディが緩みそうなので、逆サイドを上にストレッチ
 
シャッセケープ
 ・入るとき、右サイドにアーチ
シャッセの後のシェイプがNG

コ「hiroさんは・・・」
 ・トゥが正面を向いている
RSP
 ・右足でボディを送って開くので、、右トゥは外側(真横)を向く
 ・左トゥは内股にならないように、左斜め前に向ける
 ・この時、左腰が高くなる

ここから、LSPに入れ替わるところでNG
コ「向こうに行きましょう!」
その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-03-15 23:27 | レッスン・L
<< 2010.2.22 パソ編(その2) 2010.2.22 スロー編 >>