2010.1.27 スロー編

先日のレッスンノートの続きから。

コ「では、始めましょう。」
h「よろしくお願いします。」

コ「ところでhiroさん、音は完全に取れますか?」
h「完全とは言えませんが、滅多に外しません。」
↑(そんなこと言ったら、『さっき完全って言ったわよね!』って言われるのが目に見えている)
コ「今から音楽をかけるので、音が取れたらカウントを口に出してみて。」
h「はい」
2小節聴いて、「12QQ・・・」次の曲も同様
コ「音を取るのに2小節掛かるのね。」
h「8カウントで数えているので・・・」
コ「音が取れたら直ぐに言ってみて。」
2拍聴いて「345678、2-234・・・・」3~4曲続けて同様に口ずさむ。

コ「音感は素晴らしいわ。取れない人は幾ら聴いても分からないのよ。
音楽何かやっていたの?」
h「子供の頃エレクトーン習っていたくらいです。」
コ「それが影響しているのかもね。・・・じゃあ、曲に合わせてシャドーして見せて。」

ルーティン2周目、第3LODのオープンテレマークで音を外してしまいstop
h「済みません。音外しちゃいました。(さっき完全って言わなくて良かった・・・)」

コ「hiroさん、ウィーブのフットワークって2種類あるの、知ってますか?」
h「はい。トゥでずーっといくのと、THを使うのがあります。」
コ「Tで行くのは高さが変わらずスーって進んで、Hを使うのはリバースターンの後半のように・・・どちらを使うのは、はっきり踊り分けて・・・」
h「自分ではHを使うって決めて、意識して使っているつもりなんですが・・・」
コ「脚だけでちょこちょこやっているので、もっと遠くから大きく使うって教えなかったかしら?・・・」
 ・4Qで左足を後に出すとき、左サイドをしっかりストレッチしながら左アームを前に伸ばす
 ・ここから左アームを後にしっかりswingさせて、ネックとボディを連動させる

コ「hiroさん、それじゃあネック向けすぎでしょう。
リバース系とナチュラル系の回転とネックの関係はどうするの?」

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-02-14 23:12 | レッスン・S
<< カップル解消 2010.1.27 スタンダード編 >>