2010.1.13 ワルツ編

先日のレッスンノートの続きから。

コ「今日はワルツもやるのかしら?」
h「はい、お願いします。」
コ「ワルツはタンゴと違ってライズ&フォールがあるけど、・・・」
 ・右手、足首と膝、股関節と背骨の話は同じ
 ↑を意識してフォーラウェイを踊る

コ「フォーラウエィは良かったけど、ダブルリバーススピンで止まってしまったので・・・」
 ・頭が右に入って、サイドが落ちる
 ↑原因は股関節が伸びてしまうため

矯正された姿勢は、前屈みに抱きついているみたいなイメージ
 ・ネックは真っ直ぐ上、左をキープ
 ・股関節を曲げて、背骨は少し猫背、出っ尻
↑外から見ると、これが真っ直ぐ

自分の意識を修正!~それでも右に入ってしまいがち

長いゴムバンドを持ってきて、2人を緩い輪で囲む

1・1 互いの腰でゴムを引っ張り合いながら、後退する♀を中心に外回りの前進
2・2~外回りの後退

ダブルリバーススピン
 ・♂外回りの前進~ここで二人の間隔を詰めない
 ↑腰で後に引っ張りながら前進するのは珍しい意識

次のコントラチェックでNG
 ・またまたゴムで囲いながら矯正
 ・♀に突っ込まないように、歩幅を狭くすると逆に突っ込んでしまう
 ・下を一杯開いて、上を残すと結果、2人の空間が広くなる

つづくナチュラル方向に♀をロンデさせるところでNG
コ「hiroさん、そこで♀に何をさせたらいいか分かるかしら?」
h「ナチュラル方向に開かせて・・・」
コ「違うでしょ!・・・」
 ・♀を自分の方に引っ張って崩している
 ・♀を前進させてから
 ・♂を中心としたナチュラル方向外回りの運動
 ・更に反転してロンデ
 ↑これに引き続き、♂が♀を中心にナチュラル方向外回りの運動

コ「では、♀に♂を中心としてナチュラル方向外回りの前進をさせるにはどうしたらいいのかしら?」
右手でバケツを持ちながらナチュラル方向に回転するイメージでNG

コ「ちがうでしょ!それじゃあ・・・」
 ・おへそを♀に向けたままキープ
 ↑これが外れていた
 ・右スウェイ、ネック先行でナチュラル方向に内回りの後退をする
 ↑♀は連動して、外回りの前進をする
 ・これが、カウント3で雌に右足を前進させるリードになる

コ「カウント1で♀に右脚ロンデをさせるには・・・」
 ・♂ランジライン風
 ・上体平面のままクローズヒップツィスト風に右サイドにプレッシャー
 ↑この時、左アームは決して下げず、元の高さをキープ
 ・左ヒールを床から上げ、右膝を曲げて、腰は正面から外さない

& 両膝を緩めて・・・後は忘れた
  ネックは右方向の回転を継続
2 ♀中心にしてナチュラル方向に大きく回り込む
  左サイド、前上方へのストレッチ~ローテーションの4?
3 右足を左足の後に交差
  ネック引き続き右方向を継続

h「先生、以前進行方向の左を見るように言われて・・・」
コ「良いから、今はこのまま・・・」
 ・途中でネックを左に戻して、更に回転継続

最後に総括していただいた後、小言をいただく
コ「教える過程で言うことが変わることがあっても意味があるので、そのまま言われたことを・・・」
h「はい。」
h(疑問を持ったまま『はい』って空返事しないで、理解できるまで質問するようにとも言われている)

ここでレッスン終了。
コンペまでに、一つでも多く形にして臨みたいです。
って、もう終わってしまい、今週末は又競技会ですが・・・
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-02-02 23:32 | レッスン・S
<< エントリー 週末の競技会 >>