2010.1.6 タンゴ編(その3)

先日のレッスンノートの続きから。

2ndLODのチェイスの後でstop
コ「ほら、hiroさん。そこPP忘れている!何やっているの?」
h「チェイスの後、ファイブステップのスペースが狭くなったので、歩幅を狭くして・・・」

コ「そこは、・・・」
1案~先が見通せる場合
 ・第1LODで、バックコルテの回転量を減らしてLODに面して終わる
 ・続く2ウォーク&オープンリバースターンを浅く進んで、第2LODのスペースを広くとる

2案~先が見通せず、ギリギリになってから回避する場合
 ・第2LOD、チェイス&シャッセの後のリンクで中央斜めにPP(普段はLODにPP)
 ・プロムナードリンクからファイブステップで再度中央斜めにPP
 ・第3LODに続ける。

コ「hiroさんのファイブステップは・・・」
 ・足の上に乗りすぎてドタドタしている
 ・PPからの前進でサポーティングフットが使えない
 ↑中間バランス

1Q 右脚を使って左足をしっかり前進(中間バランス)
2Q 中間バランスのまま、右足後退後、ウェイトを右足に移動
3Q 右足ウェイトのまま、左足を右足の後に大きく伸ばして、ヒールを床に着ける
   ↑このアクションを素早く、大きくするとタンゴらしくなる
4Q 右足を左足に揃える
5S 中間バランスでPP

3Qでフットスピードが遅くてのろまに見えるらしく、右ウェイトで左足を前後に動かすエクササイズを繰り返す

身体が固くて瞬発力の足りないhiroは、大汗流しながら何とか仮合格をいただいて先に進む。

続くフォーラウェイでstop
 ・フットワークを気にしすぎて、足が止まっている
 ・ヒールで床をプレスして、ボディをしっかり運ぶ
 ・送った足は残さず、次の準備
 ・上を先に開くと2人のボディがずれるので、しっかり蓋をしておく

オーバースウェイ、シャッセ、ホィスク、リンクでstop
 ・シャッセで前屈みにならない~高いところから周りを見回すイメージ
 ・ホィスクからのリンクで、ボディをしっかり運ぶ~中間バランスからしっかり前進

先に進んで、5ステップの後のオープンプロムナードでstop
コ「どうしたの?」
h「又次のスペースが無くなって・・・」
コ「今までより歩幅が大きくなった分、目測を誤りやすいけど・・・」
 ・コントラチェックの後は、角度の調整が容易

コ「こっちにコントラチェックしてみて・・・こっちにPPで」
コントラチェックしようとして、戻してPPで方向を変えたところで
コ「hiroさん、何やっているのよ!
コントラチェックの後、PPになる方向をこっちに向けるのよ!・・・」
 ・言葉の表面だけ捉えないで、コーチャーが今何を教えようとしているのか、よく考えながら踊ることが大事
h「はい。」(しょぼん)

☆コントラチェックの後、ナチュラル方向に向きを変えるには、♀が大きくナチュラル方向に移動してPP
☆同じく、リバース方向に向きを変えるには、♂が大きくリバース方向に移動してPP

やってみると、それぞれ1/4回転位できるので、踊り込むと相当役立ちそうな気がします。
次のコンペに使えるかどうかは、次の練習次第ですが・・・

コ「では、ワルツにしましょう!」

ワルツ編に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-01-18 23:01 | レッスン・S
<< エントリー 1/2昇級ならず・・・ >>