2010.1.6 タンゴ編(その1)

先日のレッスンノートの続きから。

曲に合わせてルーティンを1周半踊ったところでstop
コ「hiroさん踊っているとき・・・」
 ・ずっと膝が緩みっぱなし
 ・意識しているのか?
h「いいえ、そんな風に踊るつもりはありません。」
コ「こんな風に踊っているわよ。・・・」
 ・サポーティングフットが緩んだまま
 ・リーディングフットの膝も一度も伸びず
 ・ゆるーく歩いているだけみたい

やり直し。
その場でリーディングフットだけ伸ばそうとしてNG

 ・サポーティングフットの上の重心をリーディングフットに近づける(=中間バランス)
 ・この状態でリーディングフットはストークアクション(=歩幅が広くなる)
 ↑この表現、合っているかな?
 ・脚だけを前に出そうとすると、♀の脚を蹴ってしまう
 ↑頭の上から尾てい骨まで一緒に運ぶ
 ・基本は中間バランスなので、脚はボディの2倍の距離を移動する
 ・片足バランスになると、背骨が動かず、ドスンって落ちる
 ↑特に後退

反復エクササイズ

コ「次に・・・」

その2に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2010-01-12 23:59 | レッスン・S
<< 今日のポイント またも不通・・・ >>