2009.9.25 パソドブレ編(その2)

今日は練習日でした。
競技会まで後1週間ですが、結構いい状態に仕上がっていると感じました。

さて、先日のレッスンノートの続きから

コ「では、曲を掛けるので踊って見せて下さい。」
スローテンポの曲に合わせて第2ハイライトまで踊る。
他のお客さんにレッスンしていた安東先生の目の前で第1ハイライトを決めるときは、自己顕示欲が爆発しました。(笑)

h「途中で音外しちゃいました。」
コ「ちょっとずれましたね。けど、だいぶ踊り慣れてきたのが分かります。その前に・・・」
 ・ウォークでヒールから出ようとするのは良いが、バウンスしている
 ・パソらしさを出すには、軽く前に出ては行けない
 ・前進ウォークは、後ろ脚でしっかり送り出し、一旦伸ばしたまま残してから、床を擦って引き寄せる
 ・後退ウォークは、後ろ脚を一旦伸ばして床をキャッチしてからボディを後に運ぶ
反復エクササイズの後、最初から

構えた途端にNG
 ・もっと胸を上に引き上げる
 ・ウェイトをもっと前にずらす
 ・左サイドにアーチを作る
コ「最初からその姿勢を作って下さい。次に・・・」
 ・両手がドラえもん状態(=両手がグー)
 ・第2ハイライト以外、フレームがしっかり見えない

マント(ケープ?)を貸して下さり、両肘をしっかり張って体の前で広げた状態をキープ!
 ・ここから、指先をしっかり伸ばす
コ「パソは指先が全てと言っても過言ではありません。・・・」
このまま踊って両肘を張った状態を体に覚えさせる。

コ「hiroさん全体に・・・」
 ・ネックが下を見すぎ
 ・サンバやジャイブは陽の音楽であり、パソやルンバは陰の音楽
 ・陰の音楽でも、陽のパートは必ず有る
 ↑プレハイライト直前のシャッセなどはネックが下を向けるが、その後必ず上に戻す

コ「ところで会場はどこですか?」
パ「駒沢運動公園です。」
コ「駒沢の体育館は天井が高いので・・・」
 ・常に2階席を見る
 ・1階席の人と目があったときはネックが下がっているので直す

この後、至るところでネックが下、ボディが緩む、肘が下がる、指先がグーって言われる
↑要注意!

コ「hiroさんは、(プレハイライトの後のキックで)脚を高く上げようと意識して・・・」
 ・上体が後に傾いている
 ↑タンゴのPPのように後側を逆に伸ばしたラインを意識
 ・(一緒に組んだ♀も)後に傾くのは凄い怖いし動けない
 ↑逆に前に傾く分には前進するだけ

コ「次に・・・」

その3に続きます。
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-09-27 22:36 | レッスン・L
<< 10/3の予定 2009.9.25 パソドブレ編 >>