2009.5.8ワルツ編

先日のレッスンノートの続きから。

コ「hiroさん、スローアウェイだけやって見せて!
・・・hiroさんは・・・」
 ・結果だけを求めている
 ・途中の結果がおざなり
 ・簡単に流さないで丁寧に踊る

コ「この前テレビでやっていたけど・・・」
 ・♂は結果を求め、♀はプロセスも求める
 ・例えば、♂はダイヤモンドをプレゼントすればそれで終わり
 ・♀はダイヤも欲しいけど、愛も欲しい
h&パ「そうですね~」

 ・スタートの形(=ニュートラル)をしっかり作る
 ・ここから右脚を使って左横に開き、左膝を曲げてナチュラル方向の運動により右サイドを上にストレッチ>♀を開かせる
 ・ネックを♀から一番遠い軌跡を通して一旦ニュートラル(表現は違った)
 ↑パソのシャッセケープのイメージ
 ↑これがないとお腹が出て反っくり返ったままのアクションとなり、バランスを崩してしまう
 ・ネックを遠い軌跡を通して最終形(=左サイドを上にストレッチ)
 ・♀を動かすのは手やネックではなくボディ(ネックが云々というのは、コーチャーの動きを見てhiroが感じた表現)

コ「ご免なさい。スローアウェイの形だけって言ったのにワルツになっちゃったわね。
これは他の種目にも応用できるはずよ。・・・」
↑からきたワルツ編でした。

逆サイドのコンプレスを意識した途端に、可動範囲が一気に広がった気がする。
今後の練習でどんどん上手くなって・・・いきたいなぁ~
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-05-16 23:08 | レッスン・S
<< 2009.5.12 at 富士学院 2009.5.8 タンゴ編(その2) >>