2009.4.27 チャチャチャ編(その2)

先日のレッスンノートの続きから。

しゃがむポーズ。
コ「hiroさん、スタンダードもやっていますよね。タンゴのホールドをやってみて下さい。・・・」
 ・そのまま前腕だけ下ろして腰に当てる
 ・右腰を上げる~パソでも似たようなポーズがあった

ここからのシャッセ、カウント1で両アームを横に開く

続くシャッセ、カウント1で右アームを上、左アームを横にストレッチ
↑多分左胸を前に突き出す

コ「hiroさん、スリーステップしてみて下さい。」
いつものように、両アームで輪を作り、丹田の前に集めながら、まず左へ。>こっちはスムーズに決まった
次いで右へ。
コ「今ぶれましたね。回転苦手ですか?」
h「はい。」

コ「この時に・・・」
 ・回転するとき、アームを先行して振って開き、きっかけを作る~パソでもやった
 ↑この時、横までで止めて、肩より後には開かない
 ・追いかけて閉じる
 ・開いて止める
 ↑最後は両アームを横に開くか、3歩目に立った軸側を上、逆側を横にストレッチ
反復エクササイズ
コ「軸が安定して、スピードが上がりましたよ。」

どこかで言われたこと~その1
コ「hiroさん、体柔らかいですね。」
h「そんなこと無いです。柔軟性と瞬発力。どちらも僕に足りないものです。
これでラテンやろうっていうのが間違いかなぁ~って、たまに悩みます。」

コ「そんなこと無いですよ。瞬発力ですか。良い言葉ですね。
脚の力や○○(忘れた)が無くても、スピードは出せるんですよ。・・・」
ニューヨークを例にレクチャー
 ・1で胸を閉じて
 ・2で開く(胸だけではない)
 ↑逆に絞って準備をし、絞りを開放しながら回転して更に逆に絞る
コ「ほら、これだけでスピードアップしたの分かりますか?」
h「はい。(頭で走っていたけど、いつの間にかさぼってました。)」


どこかで言われたこと~その2
コ「私たちも・・・」
 ・コーチャーからアームをしっかりストレッチするように指導される
ここまで伸ばすとD級、もっと伸ばすとC級、更に伸ばすとB級・・・SA級まで伸ばして見せて下さいました。

ここまで。
やるべき事は山積み。一つ一つ手を抜かないでクリアしていこう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-05-13 23:26 | レッスン・L
<< 2009.5.8 タンゴ編 さぼったツケ・・・ >>