2009.4.15 at 富士学院

先日の練習ノートから。

軽くストレッチしてウォーク少々して、チャチャの練習。
 ・ロンデしながら前進するのがどうもぎこちない。
 ・ロックの後のウォーク&ロックも今イチ
 ↑慣れるまで踊り込み!

アップの終わったパートナーさんとルンバのベーシック、バリエーション、パソのバリエーションを曲に合わせて1曲ずつ続けて踊る。
ルンバのバリエーション
 ・最後の3小節、ゆっくりな分動作を大きくしたいなぁ
 ・フロアが混んで周りに人がいても続けて踊れるようになってきた
 ・細かなところを意識して踊るように心掛けよう!
 ↑最近いつも書いているけど、なかなか出来ない
パソ
 ・タラララー!直前の1小節で音を外してしまい、次で何とかリカバリー
 ↑慌ただしいながらも、第2ハイライトを決める。
音を追いかけることなく、先に乗って音を表現できるように心掛けたいものです(って、人ごとじゃないんですが・・・)

カウントでチャチャ
 ・2小節目、ランジラインの手が逆
 ・3小節目、ニューヨークの後ロンデしそうになる
 ・11小節目、チェックに添える右手を忘れる
 ・12小節目、♀を回転させるのにアームを上げるの忘れる
 ・18小節目、ジャンプするのを忘れる
 ・19小節目、焦って後退できず
 ・20小節目、焦ってロンデできず・・・21小節目で何とか追いつく
 ↑この辺、前回から進歩無し(汗)
 ・23小節目、ランジラインの手が逆
 ・24小節目、2人のムーブメントがバラバラ
 ↑試行錯誤の結果、2♂&♀右、3♂&♀左、4♂&♀右、&♂左、1♂右、♀左とした
 ・27小節目、いきなり前進しない~前のカウントで準備(=リード)
 ・同、ランジラインの手が逆
 ・29小節目~、回転量不足
 ↑試行錯誤の結果、回転する半径を小さくして、回転量を増やすことにした
 ・30小節目、カウント3の時点で♀の向いている方角から最後に向く方向を決める(♂が合わせる)>難しい・・・
 ・38小節目、♂の立つ位置は♀の直ぐ近く(難しい)
 ・40小節目、テレマーク&テレスピンでフレームを固めず、互いのプレッシャーで(押し合い、引き合って)回転のきっかけとスピードアップを図る・・・要練習!

課題は山積みです

曲に合わせて踊る
チャチャ
 ・25小節目~ボタフォゴで曲のスピードに着いていけず
 ↑23小節目のスポットターンで♀の近くに立ち、移動距離を小さくして音に遅れないこと!
 ・29小節目~回転量を増やそうとして、アームで♀を崩してしまった

カウントで上手く行かないところは、曲でも上手く行かず、何度もやり直しているうちに曲が終わる
↑未だ通して踊れず

ルンバ
まあまあ
↑あとは自分の技量を磨くこと!

パソ
音が取りづらい曲で、途中から2人がバラバラ
↑一方が外しても、他方が踊り続けて追いつけるようにならないとね。
といっても、最初から外さないのがbest!!
↑そうなるまで踊り込み!

スタンダード
曲に合わせて4種目2曲ずつ踊り込み

ワルツ
 ・ターニングロックトゥライトで♀を崩してしまいがち
  ↑ボディを♀に向けて、進行方向は外回り!
 ・コントラチェックはだんだん揺らいでくるのが自覚できて良い感じ

タンゴは良い感じ

スローも良い感じ
↑周りを見て合図したり、避けられるようになってきた

クイック
 ・少しずつ一体感が出てきた感じ
 ・クイックオープンリバースで詰まると、ホバーコルテの回転量が不足して壁斜めに後退できなくなりがちなので要注意!
 ↑曲の後にカウントでやるとOKなので、後は踊り込み!

続いてワルツの第2LODを集中的にカウントで練習
 ・バックロックからレフトホィスクまで♀を前進させて
 ・コントラチェック直前の♀の位置を壁に背面させて
 ↑曖昧だったところを決めてみると、2人の下半身がずれなくなって一体感が増した
曲に合わせてスムーズに踊れるように練習有るのみ!

後続はLODにシャッセして、壁斜めに前進からランニングスピンターン
第3LODは続きが曖昧なので先送りにして、練習を終える。

次はラテンのレッスン。
今回間違えたところを修正して臨むぞー!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-05-04 23:44 | 練習
<< 2009.4.17 チャチャチャ編 巨星・・・ >>