2009.4.10 ワルツ編


先日のレッスンノートの続きから。

h「ワルツをお願いします。」
コ「分かりました。」
パ「フォーラウェイリバースのライズ&フォールが分からないんですが・・・」
コ「分かりました。自分の分からないところがどこかを理解することは大事です。
そこだけやりますか?」
h「最初からお願いします。」

ワルツを全然合わせていなかったので、そこだけ急にやる自信が無くて最初からお願いしたのが、過ちの始まりでした。

曲に合わせて1周踊ってstop
コ「途中で私が笑ったの分かったかしら?」
h「はい。(第2LODの)コントラチェックで詰まったときに笑われたのは分かりました。」

コ「ワルツとタンゴのコントラチェックって、どう踊り分けているかしら?
タンゴのコントラチェックを踊って見せて!」
オープンプロムナード、アウトサイドスウィブルからコントラチェックを踊ってみせる。
コ「タンゴのコントラチェックは良いわよ。
ワルツはタンゴみたいに見えるけど、どんなイメージで踊っているのかしら?」
h「脚が緩んで、抱えている花束を前に差し出すとパッて花咲いて広がるイメージです。」

コ「そのためには・・・」
 ・下から緩んで、左足前進のチェック
 ・この時、左腰が前~右腰を前に出さない(♀も同様)
 ・ここで土台を決めたら、戻すまで変えない
 ・ここから背骨を曲げずに、右サイド前のローテーションと、左サイド上のストレッチ

鏡の前に移動して、横に脚を開いた中間バランスからローテーションとサイドストレッチのエクササイズ
 ・ローテーションは背骨を曲げない
 ・土台はそのままで肩を前後に動かす=腰から肩までがストレッチ
 ↑肩を回さないって言われたような、言われてないような?
 ・サイドストレッチ、一方の体側を上にしっかりストレッチ
 ↑逆を折らないって言われたような、言われてないような?
 ・背骨の1本1本を上にストレッチ=ボディを落とさない
 ↑肩胛骨の下部を巻き込み(表現は違った)、胸を上に向ける
 ・ワルツの柔らかさを表現するためには、戻すまでを一連のイメージとする
 ↑下を開いてから上を開き、下を戻してから上が付いてきて、次のswingに繋げる揺らぎが大事~1本の棒を傾けてから立てるのではNG

h「今まで上から戻そうとしていたので・・・」
コ「じゃあ、その(新しい)イメージで踊って見せて下さい。」
下手なりにやろうとしているところは評価して下さったようで、先に進む。

コ「じゃあ、その前のバックロックからやって見せて。」
そろそろ終わりの時間が気になって、パートナーさんが所望のフォーラウェイについて教えていただきたくてそわそわしてきました。弘子先生、言い出したら聞かないので、「よし、一発で決めてやるぞ!」と踊ったところ・・・

コ「hiroさん、そこは・・・」
 ・バックロックで♀前進からレフトホィスクに入りにくい
 ↑♂が真っ直ぐ後退しているので、♀が急に曲がれない(とか何とか)
 ・(その前に)ナチュラルスピンターンの6で一旦中間バランスを取ってから、この足の上でナチュラル系のアクションを起こす。(表現は違った)

h「先生、次のバックロックは中央斜めに後退ですか?」
ちょっと前のレッスンで逆中央斜めに直された記憶があったので、質問したところ、
別にこだわらなくて良いとの回答をいただく。続けて
 ・左足の上でローテーションして右サイドを後に絞って後退準備させる
 ↑(これって、中央斜めに後退だよなぁ~)

バックロック
 ・カウント1、左足をしっかり使って右足後退(前バランス)
 ↑後に反っくり返ってるって言われたような?
 ・1&の左脚を使って、2の右足を真っ直ぐ後退させながらリバース方向の運動開始(フェザーフィニッシュのイメージ)
 ・♀が前進してレフトホィスクに繋げる

コ「では、私がhiroさんと組んで最初から踊ります。パートナーさん、よく見ておいて・・・」
 ・前半は自分ではまあまあの出来
 ・第2LODのコントラチェックもまあ、習ったことが半分は出来たかな?
 ・フォーラウェイは今イチで、コーチャーに助けて貰いながら踊った
 ・ダブルリバースピン&コントラチェックからリバース方向に変えて、Xライン、ツイストターン、スピンと続くパートはNG
 ↑コントラチェックに入るところでリードが通じず、やり直した。<次はここを直していただきたいなぁ~(当分先なので、忘れないようにしよう!)

コーチャーの妥協の上に成り立った仮合格

パ「先生、胸が開くようにするにはどうすればいいのですか?」
コ「毎日酢でも飲む?(笑)・・・」
 ・背骨を1本1本伸ばすようにする
 ・首の動きも大事なので、左右をしっかり向けて可動域を広げる
 あと何だっけなぁ・・・フォーラウェイが気になって、記憶無し。

h「先生、最後にフォーラウェイのライズ&フォールだけ教えて下さい。」
コ「前にも教えたんだけど、ロアするとき弛めないで・・・」
h「♂と♀は一緒ですか?」
コ「パートナーさん、ちょっと踊ってみましょう。・・・ボディを弛めないで・・・時間がないので、次のレッスンでやりましょう。」

以前も同じようなことがあって、一番聞きたいことは最初って決めていたのに・・・
次から気を付けます。

時間が遅かったので、お互い自分の復習だけやって帰路につく。
週末はしっかり踊り込もう!
[PR]
by hiro_08_2003 | 2009-04-21 23:35 | レッスン・S
<< 2009.4.12 at 富士学院 2009.4.10 クイック編 >>